.   『広告』

#243 OGK KABUTO AERO-R1

今使ってるヘルメット、キャノンデールテラモが今年で購入してから3年になります。

シンプルなヘルメットですが、被り心地は悪くなく気に入って使ってきました。 

f:id:fighting_ferret:20171105094610j:plain

#092 ヘルメット考2 - 日々精進~オレの自転車日記~

※モデルチェンジして今は同じカラーの物はありません。

 

 

自転車ヘルメットの寿命は3年と言われています。

trendy.nikkeibp.co.jp

 

しかし、毎日がっつりと3年間使い込んでるわけではなく、むしろ乗らない日の方が多い。きっちり3年と言わず、もう少し5年くらいはいけるんじゃない?という思いはありますが、気にもなるので次のヘルメットは探していました。

 

ヨメのヘルメット購入時に、自分が買う事も想定していろいろ探していましたが結局欲しい物は見つからず、 ヨメが購入したカブトのガイアRが、消去法でこのまま気になるものが見つからなければこれにしようと思っていました。

値段が手ごろでバリュー感もあるし。

f:id:fighting_ferret:20171105100115j:plain

#097 OGK KABUTO GAIA-R - アオゾラペダル。

 

しかし、テラモと同じようなヘルメット買ってもつまらないので踏み切れずにどうしようかなと思っていましたが、そんな中カブトから気になるヘルメットが今年新発売されました。

AERO-R1 | AERO-R1 | Kabuto

f:id:fighting_ferret:20171105100557j:plain

 

 

それがカブト「エアロR1」。レース用の空力を考えたヘルメットですが、あまりそこには興味なくw(私、レースはしないんで…^_^;)、次はクロモリで使っても違和感のない、大人しいビジュアルの物が欲しかったのでトゲトゲがないデザインに魅かれました。

メインチャリもイエローが入った派手さもあったエル号から、白黒カラーのおとなしいビジュアルのリドレーに乗り換えて、それに合ったビジュアルのメットが欲しかった。で選んだのは当然このカラー。

f:id:fighting_ferret:20171105100946j:plain

f:id:fighting_ferret:20171105101000j:plain

f:id:fighting_ferret:20171105101012j:plain

シールドは永久磁石(けっこう強力)で付け外しできます。

f:id:fighting_ferret:20171105101022j:plain

虫除けのネットはついていない。

f:id:fighting_ferret:20171105103240j:plain

周囲はもちろん、深さも調整できます。

f:id:fighting_ferret:20171105103145j:plain

f:id:fighting_ferret:20171105103228j:plain

 

 

サイズは、「S/M(205g)」と「L/XL(235g)」があり、頭のサイズはカブト社の規格ではS/Mが55-58cm、L/XLは59-61cmです。

私の頭の周りを測ってみたら58cm。

S/Mサイズになりますが、ちょっとギリギリでメット下にキャップとか被ったら頭にはまらなくなるんじゃないか?迷った末にL/XLにしました。

f:id:fighting_ferret:20171105102445j:plain

 

ヘルメットを被った時の感じも写真に撮りたいが、私は顔出しはしていないので(アイコラ入れるとメットも隠れるので)某ブログに習ってぬいぐるみに被ってもらいます。参考になるかわかりませんが、このスヌーピーの頭のサイズは55cmです。(垂れ耳含むw)

f:id:fighting_ferret:20171105102601j:plain

f:id:fighting_ferret:20171105102904j:plain

f:id:fighting_ferret:20171105102916j:plain

f:id:fighting_ferret:20171105102941j:plain

 

メット被ったスヌーピー…

 

f:id:fighting_ferret:20171105102954j:plain

 

 

 

 

 

 

 

すんげ~かわいい。(笑)

 

 

キノコ頭感がそれほどないのも分かってもらえるんじゃないかと思います。

逆にエアロメットだけに本気度感が漂ってるのがイヤかな?それを抑えるための地味なマッドブラックカラーチョイスですが。

f:id:fighting_ferret:20171105103459j:plain

消臭も3年保障(笑)

 

 

ちょっと走ってみました。やっぱりこの白黒リドレーとこのメットは無難すぎるくらいによく似合うな…(^^;)

f:id:fighting_ferret:20171105103533j:plain

先日の交通事故があった現場は車両通行止めになっていました。

f:id:fighting_ferret:20171105103716j:plain

 

シールドのカラー(スモーク=可視光線透過率44%)はこんな感じ。

f:id:fighting_ferret:20171105103805j:plain

f:id:fighting_ferret:20171105103828j:plain

シールドは別売りもしていて、スモークの他に、カラーもピンク(可視光線透過率88%)ブルー(同54%)と種類があります。

 

シールドがあれば面倒なアイウェアはいらないのでは?っと期待感はありましたが、シールドと目との間に指一本が入るくらいの隙間がありますので、風は巻き込んで入ってきますね。レースとか短期決戦ならガマンもできそうですが(ヒルクライムレースなら速度が出ないからシールドだけでもいけるかな?)、長くそれで走ると目が乾いてきます。運が悪ければ虫も入ってくるでしょう。

 

でもアイウェアをしてシールドもつけると目の周りの空気はかなり穏やかになります。顔に受ける空気抵抗感は軽減されている印象は受けました。

 

ヘルメットをR1からテラモに替えて、比較走行してみました。 

 

長くずっと被ってきて今まで何も不満を感じた事はありませんでしたが、こうして比較して被ってみると違いがよくわかります。ヘルメットのサイド耳上の部分(写真赤丸部)に空気抵抗を受けている感じがすごくわかりました。

f:id:fighting_ferret:20171105104849j:plain

顔に受けた風が耳とメットの隙間に集中して流れ込む部分。

足の元気度やその時の風の状態などもあるので比較になるのかわかりませんが、同じように走ってみて速度もエアロヘルメットの方が何キロか速かったです。

比較使用した事でそのエアロ効果を実際によく感じる事ができました。

 

シールドはむき出しなので、そのまま袋などに収納すると細かい傷がつきやすそうです。何かカバーをかけた方がいいでしょうね。

差し当たって今は購入時に入っていたビニール袋をそのまま使っています。ビニールとこすれても傷がつくかもしれませんが。ダイソーグッズとか使って何か良い収納方法がないかな?

f:id:fighting_ferret:20171105105835j:plain

鈴鹿には当然エアロR1を使いますが、とりあえず来年度は用途別でR1とテラモを使い分けようかと考えています。

 

~PS~

11月12日(日)鈴鹿を前に久しぶりにショップチームの練習会に参加してきました。6月に鎖骨骨折の抜釘手術を受けてから、内灘サイクルロードレース前の大事な時期にレースを走らない自分が迷惑かけてもいけないと思い参加していませんでしたのでおよそ半年ぶりです。

いや~全くついていけなかった…orz

春先はAVG28kmで走っていた周回コース(それでも最後は千切れていましたが)ですが、今日はAVG26kmでした。

チーム的には今の時期は目指す大会や目標もなく、一年間のクールダウン的な感じのLSD走行のはずですが(いっしょに走れてないからわからないww)、それにすらついていけなかった。

この夏の過ごし方が全てですね。

しかしここまで身体が劣化しているとは思ってもなかった。こうして速い人達と時々でも走る事は今の自分のポジションを確認する上では重要だと実感しました。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』