読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#035 富山湾岸サイクリング2015(3)~VS集団~

#033 富山湾岸サイクリング2015(1)~帆船海王丸~ - アオゾラペダル。

#034 富山湾岸サイクリング2015(2)~嵐がくる~ - アオゾラペダル。

 

 

 

果てしなく続く生存競争(サバイバルレース)

 走り疲れ、家庭も仕事も投げ出し逝った友人(あいつ)… 

(J-BOY / 浜田省吾)

 

f:id:fighting_ferret:20150423091814j:plain

PS3(R)専用ソフトウェア 魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~

 / (C)宮下あきら集英社東映アニメーション / (C)2014 NBGI)

 

いやまだ、誰も逝ってませんけどね。(^^;)

第3エイドでは火影さんもウエスト君も無事を確認してます。

 

!!デンタク塾

~第二章~

f:id:fighting_ferret:20150423092232j:plain

f:id:fighting_ferret:20150423092306j:plain

遅い集団を抜きながら突き進む塾長。必死に付いていく私とプラムちゃん

抜き進むうちに遅い集団から飛び出し、塾長トレインに乗り換えてくる輩も当然出てくる。

f:id:fighting_ferret:20150423092424j:plain

帰りは行きのルートをそのまま戻るのではなく、宇奈月温泉方面に登る。

ゆるい登りがしばらく続く。

登りになると残念ながら私はやっぱり弱い。ここで少し離されてしまう。

その隙間に後ろに付いてきた輩が私を抜いて割り込んでくる!( ゚Д゚;)

f:id:fighting_ferret:20150423092459j:plain

 

いつの間にか塾長を先頭に結構な集団が形成されていた…

私も集団に追いついて飲み込まれて走る。ここは売り切れた脚を貯める。

 

海岸に向かって下りの黒部川沿いを走り、また平坦路が続く。

f:id:fighting_ferret:20150423093005j:plain

徐々にデンタク塾長が先行して集団が離される。

f:id:fighting_ferret:20150423093051j:plain

このまま集団の中に甘んじていてはデンタクさんに置いていかれると思いアタックをかけて集団から抜け出しデンタクさんを追いかけるが面倒臭い事に、その私に集団がくっついてきて私が力尽きたところでまた飲み込まれてしまい、でも結果的には集団がまたデンタクさんの後ろに付く状態に。(--;)

これが何度かあった。

 

f:id:fighting_ferret:20150423093305j:plain

 

また逆にさすがの塾長もペースが落ちることも。集団がつんのめる。

遅いと思うなら誰か抜かして前ひけよ!って思うが誰も出ない。

塾長を休ませなければと思い勇気を出して、私!前出ますっ!

 

びゅおおおおおぉぉーーーーっ!

 

「風つよっ!」( ゚Д゚;)

 

出てみて後悔。(笑)

しかしカッコ良く前に出てしまった手前、わずか数百メートルで後ろに下がるわけにもいかない。

またよりによってそのタイミングで、右脚のももふくらはぎが攣りそうな予兆を感じる。今までの人生でももとふくらはぎが同時に攣った経験はない…

いやっ!やめてっ!こないで!(涙)

 

攣りそうな脚をこらえながら、どうしたものか?

でも次のエイドはもう近いはず…と考えていたら息を吹き返した塾長に抜き返される。(安堵)

この変なグループ形成も第4エイドで解散。

 

第4エイド魚津(道の駅蜃気楼)118.3km地点)

f:id:fighting_ferret:20150423094757j:plain

魚津。走って温まった身体も休憩すると一気に冷えます。寒い。

もう走りたくありません。

餡が何かよくわからなかったがおいしい惣菜パンをもらった。

f:id:fighting_ferret:20150423095116j:plain

 

!!デンタク塾

~第三章~

エイドを出るとすぐにまたデンタクさんは飛ばす。付いていくプラムちゃん

私はエイドからのスタートが少し遅れて(ナビに使っていたスマホのバッテリーが切れた)、そのために余計な信号待ちにかかってしまい、大変な差で離されてしまう。

f:id:fighting_ferret:20150423095409j:plain

まったくストイックなんだから…(^^;)

とにかく前走者を次々と抜きながら追いかけます。

デンタクさんが信号に捕まったこともあり、どうにか追いつくが気がつけばさっきの集団の残党も含む違う別集団が、またいつの間にか形成されて私の後ろを一緒についてきていました。

よけいなものまで牽いて連れてきてしまった…他人を風除けに利用しやがって面倒クセー。(--;)

デンタクさんを利用している私もあまり強く他人の事は言えないが…(笑)

 

 

 

第5エイド岩瀬(ドリームスタジアムとやま(富山競輪場)138.4km地点)

f:id:fighting_ferret:20150423100328j:plain

f:id:fighting_ferret:20150423100414j:plain

なんと富山競輪内を通ります。ちょっとしたサプライズでした。

初トラックコースにテンションが上がります。

f:id:fighting_ferret:20150423100443j:plain

f:id:fighting_ferret:20150423100450j:plain

f:id:fighting_ferret:20150423100458j:plain

でも休憩は外。ここではどら焼きがでました。

身体を冷やしたくないので休憩はそこそこにすぐに出発します。

f:id:fighting_ferret:20150423100558j:plain

 

ここからは私が先頭で走りました。

ゴールが近いのでもうペースは落とします。私が先頭でも大丈夫。(笑)

f:id:fighting_ferret:20150423100753j:plain

f:id:fighting_ferret:20150423100824j:plain

海王丸パークに戻ってきました。ゴールの写真を撮るのに後ろに下がります。

f:id:fighting_ferret:20150423100928j:plain

そしてゴール。足切り時間に追われながらもどうにか完走できました。

f:id:fighting_ferret:20150423101024j:plain

f:id:fighting_ferret:20150423101033j:plain

 

塾長の鬼走りに最後まで付いていけて今日のロングライドの走りはほぼ納得。

ビワイチ走行時の課題はクリアできました。あとはこれに山岳コースが加わったときに脚が耐えられるかどうかだけ。

いよいよ次は私にとって今年のメインイベントとなるGF富山です。

f:id:fighting_ferret:20150423101942j:plain

走行距離154km。AVG25.7km。

前半の信号渋滞がなければ27~8kmくらいいってたのでは?

f:id:fighting_ferret:20150423102020j:plain

前回ビワイチでは膝痛のためまともに走れなかったので、今回は私のガラスの膝対策にいくつか改善点を用意して望みました。

まずクリート外すのは右脚も交互に使い、左脚だけに負担が集中しないように配慮。前半の信号待ち渋滞は渡る前にまた信号が赤に変わると読めたのでクリートキャッチしないでフラットペダルとしてペダルを踏みました。

そしてクリート外す時はペダルを6時の位置で。普段は12時の位置で外していますが、それでは脚が膝で曲がっているので膝が支点に脚を捻るので膝を痛めます。

6時の位置なら股関節が支点になるので膝には負荷がかかりません。

ペダリングは時々ペダルを回しながら意識して膝を広げたりすぼめたりして、脚の同じ部分だけを使い続けないようにしました。走りながら脚の筋肉も使い分けて休ませることができました。

 

私の場合、写真撮影のためまだ元気な前半に結構脚を酷使しして中後半に売り切れてしまう事が多いのですが、今回は無理しないで前半からペース走行を意識しました。って言うよりは塾の巡航ペースが速くて走りに専念しないとカメラ撮っている余裕がなかったと言うべきか。(^^;)

そのため今回の写真は走ってる塾長の後ろ姿ばかりです。

 

しかしとにかく寒い。身体の震えが止まりません。あとから聞くと低体温症で倒れた参加者もいたそうです。

完走証を受取るとすぐに車に戻り、早々に自転車をクルマに積み込んでヒーター全開にして遅れた二人を待つ。

ウエスト君も火影さんも順次帰ってきました。全員無事完走を確認。

 

全員で記念写真を撮りたかったけど、機会がなく取り損ねました。

ってか写真撮ってるのオレしかいないし…(波平さ~ん!(涙)

 

f:id:fighting_ferret:20150423102005j:plain

雨に濡れてヨレヨレの完走証。これもまた良い記念になるか。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』