読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#038 グランフォンド富山~山岳コース試走~

 

「 グランフォンド富山」~プロローグ~

 

金沢から医王山を越えて富山県に。最近は富山県に入り浸りですね。

今日は月末に走るグランフォンド富山の山岳コースだけ試走をします。

山だけ走るって…(--;)

しかも山だけのコースで100キロ以上あります。去年までの私だったら考えられません!(^^;)

f:id:fighting_ferret:20150511092649j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511092705j:plain

朝7時、道の駅「井波」からスタート。知らないエリアですが、ここは彫刻が有名なようです。
天候は晴れに向かうとの事ですが朝は曇り空。山頂に霧が出ていて心配。そして寒いです。

 

今日の自転車。どの程度の装備が必要なのか確認するのも目的。

ダブルボトルにするためトラブル対応系はサドルバッグへ、携帯など電子機器系をトップチューブバッグに入れています。

あとクマ鈴とてる坊も装備。(いらないか!?)

山登るために軽量化に励んできたのに結局重装備(笑)どうしましょう。

f:id:fighting_ferret:20150511092757j:plain

波平さん、デンタクさんと走ります。

f:id:fighting_ferret:20150511095409j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511093150j:plain

そしてデンタク塾長はなんと新ホイールにレーゼロナイトを新調…(--;)

タイヤもGP4000…

もう無敵です。誰にも止められません。(笑)

これ以上強くなってもらうと塾生の立場としては大変困るのですが…

ハンディキャップとして本番はぜひセカンドバイクのとっても重いラレーを乗ってきてください。全日本国民の願いです。お願いします!

f:id:fighting_ferret:20150511093540j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511093557j:plain

 

 

 

まず最初の登りは世界遺産の合掌集落がある「五箇山」に向かう長い変化のない登り。

f:id:fighting_ferret:20150511093728j:plain

単調な斜度9%の坂が5キロほど続きます。横を走る車がギアを落としエンジンを唸らせて抜いていきます。

f:id:fighting_ferret:20150511093751j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511094004j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511093819j:plain

距離の長さが辛い。私の脚力ではシッティング(トルク不足)で走るにもダンシング(オーバーパワー)で走るにもトルクが上手く推進力に伝わらず、無駄に力を逃がしているハンパな感じです。まあ本来ここはもう少し脚力をつけてシッティングで回す感じで登らないといけないところですね。

f:id:fighting_ferret:20150511094029j:plain

 

 

山頂の五箇山トンネル。やたらと長い。

そして距離の長いトンネルは当然、空気が悪い。

f:id:fighting_ferret:20150511094251j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511094308j:plain

トンネルを抜けると長い下り。

f:id:fighting_ferret:20150511094545j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511094618j:plain

観光ポイント合掌集落を下りの勢いでまさかのスルー(笑)

f:id:fighting_ferret:20150511094652j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511094701j:plain

このあとで時間が余ったこと考えると戻って寄っても良かったですね。

まあこれは本番のお楽しみという事で。

 

平町を抜け(なぜかここの写真が多い)、

f:id:fighting_ferret:20150511094815j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511094916j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511094945j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511095015j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511095027j:plain

昼飯予定地に考えていた道の駅「たいら」に寄るが、まだ午前9時前。昼には早過ぎる。休憩だけして先に進みます。

ここで陽が出てきました。

f:id:fighting_ferret:20150511095106j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511095248j:plain

 

次の「山の神峠」に向かう、2っ目の大きな登り。

f:id:fighting_ferret:20150511095912j:plain

斜度やカーブに変化があって最初の坂よりこっちの方が断然楽しい。

そして陽は出てきましたが風が冷たく清々しい気持ち良さです。

f:id:fighting_ferret:20150511095927j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511100147j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511100323j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511100409j:plain

 

山頂は絶景です。山の神が住んでいそうな雰囲気はあります。

f:id:fighting_ferret:20150511101239j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511101251j:plain

「山の神=ヒルクライマー」がすぐに連想してしまう人は重度の病気です(笑)

 

f:id:fighting_ferret:20150511101817j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511101826j:plain

 

峠を越えて利賀村(とがむら)で少し早い昼食。まだ10時すぎです。

利賀は蕎麦が名産です。

f:id:fighting_ferret:20150511101847j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511101915j:plain

「ごっつお館」で食事。「ごっつお」とはごちそうの意味

f:id:fighting_ferret:20150511101710j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511102147j:plain

いや、本当蕎麦がうまかったです。天ぷらもサクサク。

f:id:fighting_ferret:20150511102008j:plain

良い天気になりました。

f:id:fighting_ferret:20150511102227j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511102246j:plain

 

利賀村を抜けます。新楢尾トンネルに向かう3つ目の大きな登りに入ります。

f:id:fighting_ferret:20150511102408j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511102615j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511102701j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511102750j:plain

新楢尾トンネルを抜け「利賀村百瀬」へ。

百瀬川沿いを気持ち良く走ります。

f:id:fighting_ferret:20150511103212j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511103126j:plain

その先は栃折峠に上る短いけど急な登り。路面も荒れています。

f:id:fighting_ferret:20150511103436j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511103449j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511103509j:plain

 

でも絶景が続く。

f:id:fighting_ferret:20150511103538j:plain

栃折峠を越えると長い下りのゴールデンタイム!

f:id:fighting_ferret:20150511103625j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511103633j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511103852j:plain

…のあと4っ目の長い登り…orz

対岸のあの坂を登ります。見た感じ問題なさそうなんですが…

f:id:fighting_ferret:20150511103730j:plain

この橋を折り返すと登りのスタート。

f:id:fighting_ferret:20150511103749j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511103959j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511104021j:plain

 

高低図を見ると、今まで登ってきた坂に比べれば一番楽そうに見えるのですが、そろそろ脚が限界。二人についていけなくなってきました。

走ってみれば、この坂が一番きつかったです。

f:id:fighting_ferret:20150511104124j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511104139j:plain

ついにロスト…

f:id:fighting_ferret:20150511104153j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511104230j:plain

景色は良いのですが…

f:id:fighting_ferret:20150511104309j:plain

山頂です。遅れてくると顔は必死で歪んでいるのに恰好の被写体の餌食です…

f:id:fighting_ferret:20150511104706j:plain

これで大きな登りは全て制覇しました。長い休憩を取ります。

f:id:fighting_ferret:20150511104404j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511104833j:plain

 

ここからの下りが急です。写真なんて撮れません。

運転に集中しますが、それでも山を下りるときに登ってくる対向車が来て、あわててブレーキをかけたらロックしてタイヤが横滑りし、車にぶつかりかけました。

間一髪体制を建て直し回避できました。すみません、こんなところ車来ないだろうと思っていた私の油断です。

 

f:id:fighting_ferret:20150511105131j:plain

f:id:fighting_ferret:20150511105446j:plain

山を下り13時すぎ、八尾町に到着しました。GF富山山岳コースのゴールです。

本番では、これにあと平地コース50キロ程度追加で走ります。

八尾は「おわら風の盆」というしっとりした祭りが有名です。

f:id:fighting_ferret:20150511105510j:plain

 

しかし今日は尻が痛い。

登りは身体が上向きで体重が尻にかかるためか、今までロングライドで走ったビワイチや富山湾岸では問題無かった新サドルが苦痛だった。

山登りなら軽量パーツだろうと思っていたが、サドルは今まで使っていたものに戻そう。

 

 

f:id:fighting_ferret:20150511105748j:plain

「嗚呼、人生上り坂」

(ゴールしたのになぜかつづく…)

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

 


『広告』