読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#040 TOPEAK エアロ ウェッジパック L

ELW 周辺

ロングライド時の限定だがトップチューブバッグを愛用している。

f:id:fighting_ferret:20150511092757j:plain

今、手持ちのトップチューブバッグたち。

f:id:fighting_ferret:20150515225220j:plain

スマホをナビに使えて、その予備バッテリーもそのまま入れられる。
あとは残る空きスペースには仕事用携帯、バータイプ補給食、車のキーなど。

f:id:fighting_ferret:20150515225248j:plain

f:id:fighting_ferret:20150515225259j:plain

 
シルエットはカッコ良いとは思わないが、平地中心に走る私にはプラスアルファで生まれるスペースのメリットが大きい。
ちなみに距離が短い場合はトップチューブバッグは使わず、携帯や財布はポケットに入れている。携帯が汗でしっとりするのもイヤだけどwww
 
しかし、先日の山走りで気になる問題が。
登りばかりのコースでどうしても多用しがちなダンシングで膝がバッグに当たり、とても走りにくい。
体力や気持ちに余裕があるうちはそれを受け入れる事が出来ていても、体力が限界近くなるとそんな些細な事が凄く気になってくる。
 
あれば便利だけど、一度走った道、スマホナビはもう無くてもいい。
でも緊急連絡用に携帯は持ち歩く必要がある。
 
考えた末、サドルバッグをひとまわり大きい物にすることに。
デザインも無難にトピークのLサイズを購入。容量は1.48L、マチを拡げれば1.97Lまで入る。
これでトップチューブバッグは外せる。
f:id:fighting_ferret:20150515225704j:plain

重量は174g。
これだけでは下記の2品より重いけど、トップチューブバッグを外した分を差し引きする事を考えれば軽い。

f:id:fighting_ferret:20150515231122j:plain

 
 
 
 
 
トラブル対応系を入れるのに普段はツールボトルを使っている。
とにかく無駄な物を付けたくない(てる坊を除く)。見た目スッキリしてる方が好きなのでサドルバッグも近距離では使用しない。
カールトンとエルウェイを乗り換えるときには差し替えるだけなので利便性も高い。

f:id:fighting_ferret:20150515225955j:plain

入っているもの。

f:id:fighting_ferret:20150515230010j:plain

重量は69g。

f:id:fighting_ferret:20150515230112j:plain

さきほどの中身を入れるとこんな感じ。結構目一杯感が強い。

f:id:fighting_ferret:20150515230244j:plain

 

前回はWドリンクボトルを使うため、トラブル対応系はカールトン号を買った時にオマケで付いてきた唯一持っているノーブランドのサドルバッグを使用。

重量は161g。 金具取り付けなので重い。

f:id:fighting_ferret:20150515230045j:plain

 容量的にはやっぱり目一杯感が強い。 

f:id:fighting_ferret:20150515230951j:plain

 
トピークバッグにこのツールセット一式を入れる。

f:id:fighting_ferret:20150515231622j:plain

f:id:fighting_ferret:20150515231631j:plain

さすがにまだ余裕!余裕があるっていいですね。
追加でチューブもう1本と財布やジェル系の補給食なども入りそうです。
または500mlは無理ですが、350mlのペットボトルなら入りそう。ボトルを一本にして、予備ドリンクをここに入れておく選択肢も取れますね。
これからはロングライドイベントでは常用することにしましょう。
 
しかし付けてみた感じは…

f:id:fighting_ferret:20150516143300j:plain

 

やっぱり、もっこり感が…(´д`ι)
覚悟はしていましたが、でかいですね… orz
 
まだこっちの方がすっきりしていて良い。

f:id:fighting_ferret:20150515232038j:plain

 

 

まあ、これは実用性重視ですから。背に腹は代えられません。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』