読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#041 シリカ勾配計 Sky mounti

 

どうやら(?)私は坂道が苦手らしい。(笑)

 

登りが苦痛…

それは昔から一向に改善されない。

いや、されてるか?少し登れるようになると、より速くより高く、さらに高いハードルを走ってしまうから常に苦痛なのか?

 

苦痛を忘れるため少しでも気を紛らす物を…

また、どれくらいの坂が問題なく登れて、どれくらいの坂が苦痛なのか客観的な情報が欲しい。

 

で、気になって買ってみたのがこれ。

f:id:fighting_ferret:20150521081440j:plain

 


うーん、アナログ!(笑)

 

 

f:id:fighting_ferret:20150521081813j:plain

f:id:fighting_ferret:20150521081833j:plain


早速、練習会に付けていったらホークさん(って誰?)からは大工工具の水平器を無理やり自作マウントで取付けたのかと勘違いされました。(笑)

今、何%の坂登っているのか経験推測じゃなく数値として見られるのは楽しいですね。

 

問題点は…

 

そこはアナログ。走りながらでは水泡が揺れて動く動くwww (^^;;

基本、完全に止めて計る物ですからね。

これはスリーピングクライムをマスターしなければっ!

でもだいたいの数値はわかります。斜度がある坂の場合は…

 

斜度のない坂では?

 

今度は速度が上がるので慣性が働き、ペダルを踏み込むたびに水泡が後ろに下がろう下がろうと揺れます。(笑)

微妙な細かい数値は分かりませんね。

斜度がある坂の場合は数値が大きくなるので細かい数値は切り捨てられるという意味です。

 

でも会話の中で話題にもなるような、斜度が何%あるのか気になるシーンって決まってキッツい坂ですから。

キッツい登りなら速度は出ないし、数字が大きければ細かい数字はあまり意味がないですし、これで十分欲しい情報は得られると思います。

 

 

 

これでグランフォンド富山のキッツいキッツい登り坂を

笑顔で走れる!(笑)

 

 

 

頭のイメージは!

f:id:fighting_ferret:20150521082109j:plain

f:id:fighting_ferret:20150521082139j:plain

(「弱虫ペダル」渡辺航(秋田書店「週刊少年チャンピオン」掲載)/ テレビ東京)

 

 

 

 

「俺、生きてる!」(注:羽は生えません)

 

 

 

でも実際の見た目は気持ち悪いので自粛する事にします…(ーー;)

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』