読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#044 グランフォンド富山2015(1)~いつもの展開~

 

f:id:fighting_ferret:20150603095058p:plain

「海抜ゼロメートルの富山湾から世界遺産・五箇山へ」 

グランフォンド富山2016 | 海抜ゼロメートルの富山湾から世界遺産・五箇山へ

 

 

f:id:fighting_ferret:20150603090921j:plain

f:id:fighting_ferret:20150603090929j:plain

夜まで小雨が降っていた。雨が心配されたがどうにか晴れた。

でも重い雲が漂う。山は大丈夫かな?

予報は晴れ向かうから、フルコースは走れるだろう。

果たして山に入るまでにモヤが晴れているか?路面が乾いているのかどうか?、

が心配…。

 

 

 

まあ…

 

 

 

 

いつもの展開。(笑)

 

 

今日はもう一つ、いつもの展開が。

汚い話で申し訳ないが、便意がこない。

汚いので普段は極力話題からは避けてるが(そうかな?)、ロングライドイベントはこれだけが毎回毎回心配になる。まず朝が早すぎるから生活リズムが狂い、私の繊細(?)な体調がおかしくなる。特に消化器系に。いつもの時間に来るものが来ない。

 

 

くるものがこないと心配…(ーー;)

 


私はスタート&ゴール会場となる富山競輪場に4時半すぎに入り、スタート前の会場の雰囲気を楽しんでいたが、今回一緒に走るデンタクさんとプラムちゃんが5時半に揃ったところでようやくスタート位置へ移動。

f:id:fighting_ferret:20150603091300j:plain

すごい自転車の数。かなり後方に並ぶ事になりました。これもいつもの展開。(^^;;

f:id:fighting_ferret:20150603091327j:plain

あ、見た事ある存在感の高い人(牛?)が!

富山湾岸でもこのコスプレで走ってひときわ目立っていた猛者がこの大会にもエントリーしていた。

 

二度目の出会いに縁を感じ、私から話しかけて記念撮影。

f:id:fighting_ferret:20150603091344j:plain

「火牛とフェレットの図」……なんだこの写真はっ(笑)

 

小矢部市の人なのかな?仮装のモチーフにしているゆるキャラ「メルギューくん」もよろしくと言われたのでここで紹介しておきます。

syougai.city.oyabe.toyama.jp

 

 

待ってる間にライン仲間とやり取りしていたら、なんとpotereさんから激励メールが届いてきました。手書きの手紙をセピアな写真に撮って送ってくれました。もうやり方がオシャレです。(^^)
手紙の写真はあえて公開しません!誰にも見せず私の宝物として大事に保存しておきます。嬉しいですね。やる気がみなぎってきます。


開会式のあと、6時15分いよいよロングライドコースからスタート開始。

f:id:fighting_ferret:20150603091603j:plain


15秒間隔で5人ずつ。スタート地点が富山市内なので市内交通に配慮してなのか間隔が長い。これでは1分間に20人しかスタートできない。

なかなか進まない。

f:id:fighting_ferret:20150603091623j:plain

ようやくスタートが見えてきた。前の列が4人しかいなくてデンタクさんが繰り上がる。

6時50分、先頭から30分以上の遅れでようやくスタート。30分差は大きいですよね。10〜15キロくらい走れる。

 

f:id:fighting_ferret:20150603091926j:plain

f:id:fighting_ferret:20150603091952j:plain

しばらくは遠く先にデンタクさんが走っているのを確認しながら走っていましたが、市内だけに無理な追い越しもできない。
そのうち信号に捕まり見失ってしまいました。

f:id:fighting_ferret:20150603092053j:plain

f:id:fighting_ferret:20150603092106j:plain

富山市を抜けて新湊市へ。海が見えてきました。新湊から富山湾岸自転車道を走ります。

f:id:fighting_ferret:20150603092129j:plain

f:id:fighting_ferret:20150603092206j:plain

市外に抜けたところでデンタクさんを追いかけるか迷いますが、今回は山岳コースに入るまでは脚を温存しておきたい。
無理はしないでこのまま今いる集団の流れに乗って走ります。

f:id:fighting_ferret:20150603092244j:plain

庄川沿いから南下。海岸を離れ山に向かいます。

いい天気になってきました。良かったです。

f:id:fighting_ferret:20150603092324j:plain

でも山頂はまだもやっていますね。路面は大丈夫かな?去年は毛虫が大量発生していてひどかったそうですが、路面が濡れていてさらに毛虫まで歩いていたら下り坂はスリップ地獄です。

f:id:fighting_ferret:20150603092357j:plain

朝食は4時にパンを食べましたが、空腹感があったので信号待ちで持ってきたバナナチップをかじります。一口サイズなので信号待ちで小まめに食べられます。補給食として悪くないかも。

 

 

第一エイドの「庄川水記念公園」に到着。53km地点。

f:id:fighting_ferret:20150603092424j:plain

f:id:fighting_ferret:20150603092447j:plain

すごい人混み。もうデンタクさんとは会えないのではないかと不安になりますがトイレに向かう道沿いに座って見張っていたら、案の定トイレに向かうデンタクさんに会えました。(笑)

 

富山名産の鱒すしとバナナの支給。

f:id:fighting_ferret:20150603092503j:plain

 

エイドをスタートします。いよいよ山岳コースに入ります。

f:id:fighting_ferret:20150603092612j:plain

f:id:fighting_ferret:20150603092620j:plain

一度走ってるから気が楽という気持ちと、またあのきついコースを走るのかと思う重い気持ちが複雑に交錯します。

初挑戦のプラムちゃんは私の脅しが効き過ぎたのか(笑)必要以上に恐れ慎重になってます。

大丈夫、クライマーのあなたなら余裕で走れますよ。

遅いながらも私でも走れたんですから。

 

f:id:fighting_ferret:20150603092644j:plain

 

いよいよ来ました。五箇山に登る坂です。斜度9%が単調に数キロ続きます。

f:id:fighting_ferret:20150603092709j:plain

キツイ。デンタクさん、プラムちゃんは早々に先に行ってしまいました…

いつもの展開。 orz

 

 

チクショー、なんだろう、今日はやたらと身体が重い。前回の試走の時より登りが辛いような気がする。やっぱりここに来るまでにすでに平地70キロくらい走ってるからかなぁ…?

 

  

 

その時、脚を力んでペダルを踏んでいるとすっかり忘れていた現実に突然襲われます。

f:id:fighting_ferret:20150606004129j:plain

f:id:fighting_ferret:20150608001954j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:fighting_ferret:20150606004141j:plain

(機動戦士ガンダムII哀・戦士編/創通エージェンシー・サンライズ /松竹)

 

 ヤツ(う◯こ)が…

 きたんだ…

 

 

 

 

 


間違いない!今日身体が重いのはこれかぁ!?

力まないと登れない、しかし尻にも力を入れないと…

 

 

 

 


こぼれる…( ̄O ̄;)

 

 

 


これは苦痛だ。尻よおさまれ!この山さえ越えれば五箇山エイド、トイレは近いのだ!

坂を登るのが辛いのか、トイレを我慢するのが辛いのか、自分でもよくわからない苦悶の表情で山頂まで気持ち全力で走る!

山頂の五箇山トンネルが見えた!

f:id:fighting_ferret:20150603093650j:plain

f:id:fighting_ferret:20150603093715j:plain

山頂ではデンタクさんが待っていてくれました。登ったところの写真を撮ってくれたのですが、私が流してる汗は実は我慢している脂汗です。(笑)

f:id:fighting_ferret:20150603093730j:plain

せっかく待ってくれていたのにデンタクさんを置いて先を急ぐ。

デンタクさんゴメン!アディオス!

山を下れば五箇山エイド。しかし、その前に立ちはだかるのはクソ長い五箇山トンネル。

 

ヤバイ!

今度はトンネルのひんやりとした空気が腹を冷やす!トンネルの出口がいつまでも見えない!(写真は前回試走のときのもの)

f:id:fighting_ferret:20150511094308j:plain

危険水域まできた。五箇山エイドまで持つのか?たとえエイドまで行ったとしても大変な行列になっているだろう。順番を待てるか!?

 

絶体絶命に追い込まれ、意識が薄れていく中で、ふと思い出される普段の何気ない日々の生活…
そこにいつも当たり前のようにあるトイレ…
行きたい時に行けるってなんて幸せな事だったのだろうか。今気づいた。

 

あぁ、何書いてるんだろ、オレ…

 

五箇山トンネルを抜け、梨谷トンネルに入る。ここの路面がアスファルトに石を埋め込んでいる舗装で細かくガタガタする。
「はっ!」

突然の振動で薄れかけていた意識が我に戻る。今度は路面の振動が腹に響く。

もうキツイんですけど…

避けたかったがここは野糞の方が確実か?

こんな多くの人が走ってる大会で、まだスタート間もないというのに、人間の尊厳を失いかけない今大会最大の危機がいきなり私を襲う!

 

※こんな経験、絶対みんな黙っているだけで私だけじゃないはずだが、うっかり事故ってしまい今は俗世間から離れてひっそりと仙人のような生活をしている人っているのでしょうか…(ーー;)

 

「あっ!」

f:id:fighting_ferret:20150603094220j:plain

梨谷トンネルを出た所に謎の建物が!休憩所!?

いや何でもいい!それよりも…

f:id:fighting_ferret:20150603094234j:plain

f:id:fighting_ferret:20161031104405p:plain

(googleストリートビュー)

 

トイレマークがある!!!!!

そして空いてる!(TOT)

 

(写真を撮る余裕が無かったので後日ストリートビューから。便利な世の中だ…)

 

 

 

:*・・゜°・キラ*:.。.:*・゜(* ̄∇ ̄*).。☆・。・:*:`。キラ☆・。・:*:`.。☆・。キラ.:*゜:*・・゜°・*:.キラ。.:*・゜°・゜°・*(* ̄∇ ̄*).。☆・。・:*:`。キラ☆

 

 


ふぅ〜。(*´ω`*)

 

 


今回はマジやばかったぜ…(ーー;)

 

出た!3キロ減!(いや、そんなにはないぜ)

よーし、これからだ!

見せてやる!軽くなった俺の怒涛の登りを!

 

 (つづく)

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』