読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#052 海の幸が食べたくて…

CRN MU8

 

今週一人休みがあり、能登へ走りに行く計画を考えていましたが連日の雨で行けず…

 

f:id:fighting_ferret:20150912170609j:plain


そういったわけで、今日は近場(近江町市場)で海の幸を食しに行きます。

海側環状道路を北上。金沢へ向かいます。

(別に近江町市場を略して近場と言ってるわけではありませんので…偶然です…(^^;)

f:id:fighting_ferret:20150912170635j:plain

海側環状道路、道が通ったばかりのころは一面広い土地しかありませんでしたが、少しずつ店が増えてきています。今年7月にオープンしたスーパーで軽く朝食。

f:id:fighting_ferret:20150912170652j:plain

近年出店しているスーパーやコンビニは、その場で食べられる飲食スペースが用意されている店が多くなっていますが、ここは結構くつろげる感じで本格的。居心地が良く自転車休憩にはありがたい。

f:id:fighting_ferret:20150912170729j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912170739j:plain

 

お腹が落ち着いたところで金沢駅へと向かいます。

f:id:fighting_ferret:20150912170818j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912170839j:plain

 

金沢駅西口。

f:id:fighting_ferret:20150912170855j:plain

そして高架橋をくぐって東口へ。

f:id:fighting_ferret:20150912170922j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912170937j:plain

最近の旅番組や新幹線ニュースではすっかり金沢の顔として取り上げられている「鼓門」(つつみもん)。柱は伝統芸能の鼓をモチーフにしています。

その後ろにあるガラスばりの空間は「もてなしドーム」と呼ばれています。こちらは金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージしているそうです。

 

www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp

 


昼までに少し時間があるので、ブログネタとして(爆)、近くの観光名所の一つである「ひがし茶屋街」を散策します。

※ざっくり説明すると、金沢に3っある茶屋街の一つですが、これらは江戸時代に金持ちの社交場として賑わいました。当時、上流階級だけが出入りしていた華やかな茶屋文化に触れられる観光スポットです。

 

浅野川を越え「ひがし茶屋街」の入り口は観光バスが大通りを右往左往していて大変な事になっていました。

f:id:fighting_ferret:20150912171116j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912171251j:plain

 

週末という事もありますが観光客がすごい。とても自転車で走れませんので、ここは押して歩きます。

f:id:fighting_ferret:20150912171314j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912171352j:plain

古い雰囲気のある街並みです。クロモリが似合いますね。

f:id:fighting_ferret:20150912171406j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912171426j:plain

ここは建物を大事に触れさせず保存しているのではなく、一軒一軒店だったり民家だったり普通に使われているのがすごいですね。

f:id:fighting_ferret:20150912171456j:plain

 

金沢は和菓子文化の街でもありますので、和菓子屋が多いです。

個人的には洋菓子の方が好きなんですが…(笑)

f:id:fighting_ferret:20150912171512j:plain

 

 

さあ、昼になったので、本日の目的地「近江町市場」へ突入します。

(下写真は市場の西北側から。手前の茶色い建物は銀行で、その後ろの黒い建物が近江町市場です)

※ざっくり解説その2…金沢の各地に散らばっていた朝市を加賀藩がここに集約し藩の食事処とした。明治以降は庶民も気軽に立ち寄れる買い物の場となり地元の海の幸・山の幸が集まり「金沢の台所」と呼ばれるようになった。

f:id:fighting_ferret:20150912171538j:plain

 

駐輪場は市場の南側にあります。

駐輪場の場所がわからなくて探してウロウロしていたら、市場のお姉さん(推定年齢50歳)が親切に声をかけてきて教えてくれました。ありがとうございます。

f:id:fighting_ferret:20150912171749j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912171758j:plain

 


ここもすごい人、人、人…

f:id:fighting_ferret:20150912171812j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912172327j:plain

 

串焼きの店があり、目移りしますが、まず軽くゲソ焼きをいただきます。

f:id:fighting_ferret:20150912172126j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912172136j:plain

あー、日本酒飲みて~!

 

 

 

自転車で来た事を少し後悔します…(笑)

 

 

 

続いてこの近江町市場の名産となっている近江町コロッケ。

f:id:fighting_ferret:20150912172306j:plain

いろいろ種類がありますが、代表選手みたいなので甘えび入りをいただきます。

店の横にその場で食べられるようテーブルがあります。

f:id:fighting_ferret:20150912172348j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912172411j:plain

あ~、ビール飲みて~!

 

観光ガイドとかにも出ている有名なコロッケですが…

いろいろ一度書いたけど消しました。食べログに出ている多くの意見と私も同じ感想です。

せっかく来県されたお客様をがっかりさせないよう頑張ろう!お願いします。

 

近江コロッケより、ビワイチで食べた近江コロッケの方がおいしかった。(笑)

f:id:fighting_ferret:20150320222956j:plain

 

 

朝のサンドイッチが余計でした。コロッケ食べて結構いい感じになりましたが、まともにネタになるようなものをまだ食べていません。このままでは帰れない。

f:id:fighting_ferret:20150912173028j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912173104j:plain

 

しばらくふらついたあと、思い切って生牡蠣とウニを食べます。

f:id:fighting_ferret:20150912173223j:plain

 

もう牡蠣が出ているんですね。でもやはり時期が早いからなのか高い。

 

牡蠣を用意してもらっている間にまず、ウニをいただきます。

あ~、日本酒飲みて~!

f:id:fighting_ferret:20150912173246j:plain

お茶でウニを完食。日本酒が飲みたい!(うるさい)

f:id:fighting_ferret:20150912173259j:plain

 

そして、お待ちかねの牡蠣。大ぶりです。

f:id:fighting_ferret:20150912173503j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912173520j:plain

まずレモン汁をかけて一口。素材の味が強く感じミルキーな味わいが口に広がります。

でもやっぱり魚介類は醤油で食べる方が好きですね。残りは醤油をかけて完食。

f:id:fighting_ferret:20150912173537j:plain

 

海の幸を食べたいと思っていた気分はようやく満たされました。

帰路につきます。

 

帰りは犀川沿いを走ります。

f:id:fighting_ferret:20150912173618j:plain


犀川神社が見えました。

f:id:fighting_ferret:20150912173636j:plain

どうも食事が中途半端な感じになってしまったので食べた気がしません。

近くの「松本」という蕎麦屋で軽くもりそばを食べる事にしました。

f:id:fighting_ferret:20150912173648j:plain

f:id:fighting_ferret:20150912173702j:plain

透明感のある繊細な味わいの二八蕎麦。この蕎麦は美味しいですね。

犀川神社まで走った時にはまた来よう。

 

走行距離43キロ。

f:id:fighting_ferret:20150912173722j:plain

「摂取カロリーオーバー!」(--;)

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』