読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#058 グランフォンド糸魚川2015(1)~プロローグ~

f:id:fighting_ferret:20151009201123g:plain

グランフォンド糸魚川 《公式サイト》

 

f:id:fighting_ferret:20151009201205j:plain

f:id:fighting_ferret:20151009201226j:plain

 

 

「グランフォンド糸魚川」を走ってきました。

※糸魚川市は新潟県の、富山県との県境にある町です。

 

前回5月に走った「グランフォンド富山」の180キロに比べれば、GF糸魚川の距離は120キロと短い。

エントリー申込みした頃はまあ大丈夫だろうと軽く見ていましたが、後日知れば知るほどコースの厳しさが理解されてきました。

まず獲得標高が2000mオーバーとGF富山(獲得標高1900m)より高い。

GF富山は距離が長いとはいえ半分は平地でした。

つまりGF富山から平地コースはカットして、キツイ山岳コースだけをただひたすら120キロ走るイメージでしょうか。

 

前回のGF富山では痛恨の足切りショートカット。

しかし決して走りが遅かったわけではない。

単にイベントルールを理解していなくて、無駄にエイドで時間を過ごしたため。

 

反省点は2点。

・スタート位置が後方のため走り出すまでが大きなタイムロスになり、(走っている時は気づいてなかったが)余裕のない時間ギリギリの走行になっていた。

・足切りポイントを把握してなかった。

 

そのGF糸魚川を走る前に波平さんと行ったGF糸魚川攻略の作戦会議です。

まず重要な足切りポイントの確認。

今回のGF糸魚川では4箇所あります。

 

f:id:fighting_ferret:20151009201338j:plain

f:id:fighting_ferret:20151009215842j:plain

f:id:fighting_ferret:20151009220110j:plain

考えてみると結構きつい時間制限です。

スタートは8時。いつもの感じで遅れて後方スタートになって、

(最後尾でもそこまで遅くはならないだろうけど)

仮に1時間遅れの9時出発としたら、

山岳コースをAVG20キロで走らなければいけない!?

最初の足切り「ポイント8」は40キロ地点で11時が制限時間。9時発なら2時間で40キロ走る計算。

次の「ポイント16」は80キロ地点で13時が制限時間です。4時間で80キロ走る計算になります。

激坂もアリの山岳コースですよ。

完走率は他のイベントと比べて低いんじゃないかな?

 

余裕を持って早く問題なくイベントを終わらせようとする意図を感じます。

まあひたすら厳しい山岳コースですからね。携帯の電波も場所によっては届かないらしい。回収するのも大変なのは想像つきます。

それなのにスタート時間は余裕の8時。

平地120キロならそれでも問題ないですが…

開会式で偉い人も呼んでいるので、世間一般的に常識的な時間にしているのでしょうけど、それで足切り時間が厳しくなるくらいなら、もう少し早くてもいいような気がします。

他のブログ読んでいても足切りになった記事が多い。

 

しかしコースのハードさとは相反して、グルメライドと言っても良いくらいエイドの食事が充実しています。

 

つまりアメとムチが混在するイベント。

 

ドMな方にはたまらないでしょうね。こんなにキツイのに毎年人気のイベントです。

特にイベントスタッフでもない、関係ない地元の方が私的に好意でカレーを振舞っていて、名物になってるらしい。ただ量が少ないようで聞いた話では先着100名とか?

 

f:id:fighting_ferret:20151009221431j:plain

 

これは食べなければならない!

イベント完全制覇を目指すなら、こういったオプションも全てクリアしたい。

 

完走完食!(笑)今回の目標です。

f:id:fighting_ferret:20151009222600j:plain

f:id:fighting_ferret:20151009222717j:plain

写真は現地の観光名所「弁天岩」。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』