読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#096 シェイクダウン

 

6月1日(水)ビアンキさんシェイクダウン。

f:id:fighting_ferret:20160611224100j:plain

 

4月27日に納車でしたが、5月は自分が忙しくてつきあえなかったので、ずっと固定ローラー練習させていました。

1ヶ月我慢して、ようやく実走です。 

 

まずヨメの自転車力の現状スペックの説明が必要です。

距離は一応 「気力」 で最高120キロ走った事があります。

他100キロ前後なら何回か。

 

ただし速くは走れない。

早朝出て、休憩も多めに夕方すぎ帰る感じでほぼ一日を使い切ります。

AVGは15キロ前後です。

 

初速は20〜25キロで走りますが、1時間も走らないうちに20キロを切るようになります。十分な時間がないと長い距離は計算できません。

ビワイチとか計画した事はありますが、これを考えると自転車旅行なんてできません。

時間計算ができず、自転車乗る事が苦行で終わってしまいます。

 

原因は分かっています。低いママチャリポジションのサドル位置。

 

諸悪の根源になっていたサドル位置を矯正するため、ビアニローネ号では高く(適正よりはやや低めの位置)しました。

ショップが納車の時に初心者だからと適正よりやや低めにセッティングしてくれましたが、それでもサドルに座った状態では足が地面に届きません。

ヨメは自分好みの高さに下げたがりましたが、ここは心を鬼にして許しません。

o(`ω´*)o

 

エスケープではサドルに座った状態で足が地面に着かないと怖いという事で、ママチャリポジションで乗ってきましたが、当然ながら尻に体重がかかり、長く乗ると尻が痛くなります。

⇒この問題はカネの力でふかふかサドルを購入する事でで解決させていました。

 

サドルが低いため足の力だけで回しているから、すぐに足が疲れて長く速くは走れない。

自転車を操る人馬一体感がなく、本当の自転車の面白さが半減です。

 

 

 

車が来ない、手取川河川敷の公園で練習します。

f:id:fighting_ferret:20160611224112j:plain

チョビが見守ります。U´(エ)`Uガンバリタマエ…

f:id:fighting_ferret:20160611223953j:plain

 

 

やはりスタートから怖がります。

右足でペダルを踏み込んで、勢いをつけて走りだしサドルに座る。

それだけの事に転ぶと言ってビビります。(ー ー;)マジカ…

 

ビビッているから必要な速度が思い切り良く出せずにふらつく。

 

f:id:fighting_ferret:20160611224150j:plain

 

それでもスタートはふらつきながらも走り出しますが、止まる時が大騒ぎです。

サドルから尻を下せず、スピードが落ちて自転車が倒れそうになる瞬間にバランス維持が耐えられずに慌てて両足を着こうとしますがサドルに尻が乗ったままなので足が着かなくて転びそうになります。

止まろうとしてから、実際止まる位置までにかなり進んでしまっています。

 

カッコワルイしアブナイ…(ー ー;)ウーン…

…なんで?

 

スタートは慣れればまだ何とかなりそうだけど、停止時に尻を浮かせられないのは危険。一般公道で停止時に車道側に倒れたら大変だ。

赤信号なのに止まれずに交差点にフラフラ進まれても困る。

 

なんで腰を上げられない?スピードが足りないから安定していないため?

試しにスピードにのった状態で走りながら尻を浮かしてみるように言います。

速度があるのになぜか腰を上げると途端にハンドルが激しくふらつきます。

f:id:fighting_ferret:20160611224537j:plain

 

 

わかった。

 

ハンドルに体重がのってるようです。

ハンドルに体重がかかっているから、重心が前にいって身体を支えられず尻が浮かせられない。

 

次のミッション。

足に全体重を乗せて、重心を自転車の中央へ持ってくるように。

ハンドルは添えるだけで。

それを意識させて、再びスピードが出ている状態でスタンディングさせます。

 

それでもしばらくは、ふらついていたものの、感覚がつかめてきたようです。

次のミッション。

その状態から、さらに左足も上げる。

全体重は右足に乗せて、手でバランスを取るだけ。

 

これも最初マジか!?ってビビってましたが、まあ…見た目はともかくだんだん慣れて出来るように。

あとは止まりたいポイントでブレーキをかけて、あげていた左足を地面に着くだけです。

 

足に体重を乗せられるようになった事で、スタートもスムーズになってきました。

走りも、脚力+体重も使う事で効率良くなり、長く走っても疲れにくく、そして速くなるでしょう。

あとは数をこなして、慣れていけば乗りこなせそうです。

高かったロードバイクがママチャリ走行でポテンシャルを発揮できずに宝の持ち腐れにならずに済みそうで良かった。(^^;)

 

f:id:fighting_ferret:20160611224951j:plain

お花畑(微妙)の中を走るヨメww

 


ビアンキちょっとだけ乗せてもらいましたが、乗り味はマイルドですね。

堅くなく路面からの突き上げ感も少ない。アルミじゃないみたいでびっくりしました。

とは言ってもさすがにカーボンのような弾力性はありません。

 

エル号はいかにもアルミっぽい硬い乗り味ですが、同じ素材なのに乗り味が全く違う!

この差は何だろう?とまず思いました。

同じアルミの中でも材質に違いがあり、その差なのかな?

またはビアンキ自慢のK-VIDフォークは衝撃吸収性と強度に定評があるみたいですね。

その効果なのか?

f:id:fighting_ferret:20160607171446j:plain

f:id:fighting_ferret:20160617104443j:plain

 

まあヨメが乗るのにはマイルドな方が良いので悪くない自転車だと思います。

特に長距離を走ったときの疲れ具合には大きく恩恵が出ると思います。

 

ヨメはエスケープよりも、よく走るという感想。

そりゃそうだろ。クロスバイクとは違うんだから。

車輪もコンポもフレームもエスケープとは性能は比較にならない。

 

 

 

 

f:id:fighting_ferret:20160611232101j:plain

「ザクとは違うんだよ、ザクとは!」

f:id:fighting_ferret:20160611232114j:plain

機動戦士ガンダム I /創通エージェンシーサンライズ松竹 

 

 

次は富山湾岸サイクリングを想定してのロング走行かな?

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

 


『広告』