読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#099 装備品購入

新車7号機ビアニローネ号にトラブル系の装備品を買いそろえました。

 

f:id:fighting_ferret:20160624091153j:plain

 

まず入れ物はサドルバッグを使用。自分が使っているトピークエアロウェッジパックと同じ物にしました。デザインが無難で使い勝手が良いです。

 

私はLサイズを使用していて、その積載量は重宝して捨てがたいのですが、ちょっと大柄で見た目が重いのでMかSで選びました。

f:id:fighting_ferret:20150516143300j:plain

 

検討の結果、Sは必要最小限の物しか入らないようなのでMに決定。

f:id:fighting_ferret:20160624091646j:plain

     ↓

f:id:fighting_ferret:20160624091712j:plain

f:id:fighting_ferret:20160624091723j:plain

f:id:fighting_ferret:20160624091730j:plain

 

チューブはボントレガースタンダードチューブ。

何でも良かったのでショップが勧めてきたものを買いました。

 

タイヤレバーは持っているパナレーサーを使いまわします。

f:id:fighting_ferret:20151018091403j:plain

 

空気入れもロック号で使っていたプロコンパクトテレスコピックを使いまわします。

これでパンク対応はオッケーです。

f:id:fighting_ferret:20160624092553j:plain

ヨメは一人でチューブ交換はできませんが、とりあえず必要な物さえ携帯していれば、通りすがりの親切な人が直してくれるかもしれません。

富山湾岸サイクリングではイベントスタッフも走っているので、仮に私とはぐれてしまう状況になったとしても救いの手は入るでしょう。

 

ちなみにビアンキにデフォルトでついていたボトルケージのネジが短くてポンプが取り付けられませんでした。

ショップにネジが売っていないか聞いてみたら、ネジくらいならといただけました。

f:id:fighting_ferret:20160624093455j:plain

こんなに長さが違います。左のネジの頭は自分で黒く塗りました。

 

あとテールランプも購入。今のところ夜は走りませんが、トンネルに入る事を考えるとリアライトくらいはあった方が安全です。

運転しながらリアライトのオンオフ操作はできなさそうなので、センサーで自動点灯タイプに。

クロップスEZ400muという製品です。

f:id:fighting_ferret:20160624094122j:plain

 

フロントライトは小型で大容量が稼げる充電式タイプが主流になりましたが、リアライトも当然そうなってきましたね。これも充電式です。明るさは12lmnです。

充電式は電池式に比べて明るく長時間使えるので当然の流れでしょうけど。

ちなみにこのリアライトは点滅モードで最大200時間使えます(点灯モードなら5時間半)。つまり一週間くらい点けっぱなしでも大丈夫。すごいですね。これならオートセンサーに頼らずに、スタートからゴールまでずっと点けっぱなしで走る方法も選択できます。

今私が使っているパナソニックの電池式センサーリアライトより軽くて明るいので、普通に自分用にも欲しくなりました。

f:id:fighting_ferret:20150602024024j:plain

「バナー作ってみました」

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

 


『広告』