.   『広告』

#101 Bikeguy(バイクガイ)ライトホルダー

 

3話続けての周辺ネタ。

つまり…

 

 

 

走れてない。(´・ω・`)

 

 

 

私の仕事的には毎年お盆に向けてだんだん忙しくなっていく時期ではあるんだけど、今年の状況では序盤戦からすでにピーク時のような体感レベル。


う~ん、ブラック?

せっかくやる気になってるヨメに申し訳ない。(´・ω・`)

 

 

 

さて本題。

通勤チャリで使っている中華爆光ライト(WF-502B)は純正ホルダーを使ってきましたが、ロック号やエスケープ号なら(25.4mm径)それで問題ないのですが、ロードバイクのハンドル(31.8mm径)には太くて付けられません。

#056 UltraFire_WF-502B & TrustFire_TR-001 - アオゾラペダル。

 

f:id:fighting_ferret:20160629063423j:plain

f:id:fighting_ferret:20160629065407j:plain

 

 

ロック号亡きあとはカールトン号で使うのに先端の細い所に付けていましたが、これでは下ハンが使えません。

f:id:fighting_ferret:20160629063435j:plain

 

 

 

 

まあ下ハンは使いませんが…

 

 

 

何か良いものがないかと探していたらこういうの見つけました。

f:id:fighting_ferret:20160629063933j:plain

 

 

2本のベロクロ(面ファスナー、マジックテープ)で縛るだけの単純構造。値段も安い。

本体がゴムでできているところがポイント高いです。

f:id:fighting_ferret:20160629065016j:plain

f:id:fighting_ferret:20160629065052j:plain

 

これならハンドルの太さ関係なく取付が出来ます。

f:id:fighting_ferret:20160629065342j:plain

こういう所にも付けられました。

f:id:fighting_ferret:20160629065007j:plain

 

ライト側も一般的な棒型の形態ならデザイン関係なく付けられるし、別に自転車専用じゃない一般ライトでもオッケーですね。

 

 

でも、これは太すぎてベルトが届きませんでした。(笑)

f:id:fighting_ferret:20160629065133j:plain

 

 

ただし向きは変えられない。ステムに付けるとライトは横を向きます。(笑)

f:id:fighting_ferret:20160629065236j:plain

f:id:fighting_ferret:20160629065550j:plain

 

本体はゴムなのでしっかり縛れば固定されますが、微妙な角度調整とかは難しそう。

あと、このタイプは走っていると振動で緩んでライトが下向きにズレ落ちていったり、ひどい時はライトが外れて落下の心配があります。

 


先日、走ってみた限りでは問題なく大丈夫そうでした。

f:id:fighting_ferret:20160617115000j:plain


あとは今後の面ファスナーの耐久性次第ですね。

付け剥がしを頻繁にやっていたらファスナーの強度が落ちてライトが落下するって事は当然あるでしょう。

落下に至らなくても向きが下にずり落ちていくのはあるでしょうね。

まあこれは使ってみて経過確認ですね。

 

ダイソーやトーカイみたいなところで代わりになるようなベロクロのベルトが手に入れば未来は明るいでしょう。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』