読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
.   『広告』

#143 格安sim購入(3)スマホ端末購入

 

f:id:fighting_ferret:20161111104608j:plain

左からiPhone6、Zenfone2、ZenfoneMax

 

 

 

端末は?

エキサイトモバイルのサイトには動作確認のできた端末一覧は出ているが、スマホ端末と通信プランとの抱き合わせ販売の契約はない。つまりエキサイトモバイルでは端末の販売をしていないので自分で別途用意する必要がある。

動作確認端末一覧 | 自分にも家族にもぴったりの格安SIMならエキサイトモバイル

 

 


iPhoneかandroidか?

イオンモバイルを検討していた頃に、イオンモバイル取扱い(直販)で良さそうだと思ったのは富士通アローズとソニーエクスペリア。
スマホはiPhoneしか使ってなかったので、androidも食わず嫌いになっているから一度くらいは使ってみたい。また直販購入なら端末トラブルでもイオンモバイルが窓口になってくれる。

 

iPhoneはオシャレ感や所有している事に心が満たされる感はあるが、不満はバッテリーが自分で交換できない。(androidも機種によっては無理)

他に、SDカードのような外部メモリーが使えないのも不満(ライトニングケーブルから増設するタイプのサプライ品はある)。撮った写真は基本メールやネットドライブでしか外に出せない。動画のような大容量ファイルになるとメールも使えない。

前に買ったiPhone4はストレージ32GBだが実際使っていたのは10GB程度で余裕でストレージが余っていたので、今使ってるiPhone6は16GBを選んだわけだけど容量不足に陥ってしまい困っている。
写真を縮小リサイズしたりネットドライブに退避させたり、使わなくなったアプリや
メール、LINEの古いトークルームなどこまめに削除して涙ぐましく努力してしのいでいるがいい加減面倒臭い。
SDカードなどの外部ストレージがあれば写真なら、SDカードに逃がせつつ常時持ち歩ける。

他androidの優位性ではフェリカ(iPhoneも7から対応)やワンセグTVなどがあるが、私は使ってないのでどうでもいい。

 

逆にiPhoneを選んだ場合は今まで使ってきた周辺の資産が継承できる点が大きい。
特に大きいのは有料アプリと長短何本もあるライトニングケーブルと自転車ホルダー(高いの買っちゃったから…笑)

 

 

 

iPhoneへの未練

格安simでiPhoneも、simフリー版やdocomo版なら使える。(現状対応しているMVNOが少ないけどau版も使えます)
しかしAmazon物色してみると、iPhone6S-64GBタイプの新品10万前後。高すぎる。まあ大手キャリアの場合はこれを2年ローンで払って買っているわけだけど。
(iPhone7はまだ見当たらない。simフリー版7はAppleストアで買うしかない)

安いものだと旧型iPhone5S~iPhone6で5〜6万前後。安く買おうと思ったらカラーはまず選べない。
買えそうなのはiPhone6-16GB(今使ってるのと同じかよっ!(^^;))か、容量が譲れないならiPhoneSE-64GBの2択。
iPhoneSEはアップルが安いグレード用として出している見た目はiPhone5S、中身はiPhone6のエントリーモデル。

 

simフリーの他に白ロムという単語をよく目にする。白ロム版は必ずdocomoやauといったキャリア表記が。元キャリア携帯の記録を抜いて販売しているのが白ロムとの事。だから白ロム=中古品。
simカード以外にも本体にキャリアの周波数などの回線情報が残っているので、auの白ロムスマホを買って、ドコモ回線を使ってる格安simを挿しても通話はできない。エキサイトモバイルはドコモ系。

白ロムならiPhone6-16GBが4~5万で売っていた。

でも白ロム=中古となれば当たり外れがある。今回の端末買い替えはバッテリー劣化がきっかけだが、運良く新古品に当たれば良いが、前使用者が使い込んでた今とバッテリー状態が変わらない物に当たれば買い替える意味がない。

 

結論、予算的に今回はiPhoneを諦めて、安いandroid使ってみて使用感をiPhoneと比較してみよう。

 

 

 

iPhoneはナビ専用として使用 

今のiPhoneはソフトバンクを解約したら、自転車ナビで使いたくてもネットに繋がっていないと地図データを読みこめないため使用できないが、ランタスティック有料版ならオフライン地図という機能があり、あらかじめwi-fi環境で最大直径50kmくらい?の地図データを読み込んで使う機能がある。
自転車で50kmはちょっと狭いですけどね。そして期待を込めて有料版購入して地図データをダウンロードしてみたらかなりの時間がかかりました。

他に使えそうなオフライン地図がないか探していたら、「MAPS.me」というアプリがあり、これなら地図は簡素だけど一県あたり20MB弱の小容量で読み込めてナビで広範囲の地図が使えそう。地図が簡素でもナビとして現在地が分かるだけでもかなり助かるだろう。

まだ、自転車ナビとして実際に使った事はないので、いずれこのブログのネタになるだろうw

MAPS.ME – オフライン地図とナビゲーションを App Store で

f:id:fighting_ferret:20161111103703j:plain

(maps.me iPhone版)


と言うわけで、新しいスマホ用の自転車ホルダーをすぐに買わなくても、当分はiPhoneをナビ専用として使える。

ただし、その場合iPhone、android、仕事携帯と避けていた端末3台持ちで走る事になるわけだが…

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

 

ASUS Zenfone
ASUS(エイスース?私はずっとアスースと呼んでいて昔はどちらの発音でもいいとパソコン誌に書かれていたが…)の大昔に買ったノートパソコンを、プライベート用では現役引退したので、ネットには繋がないスタンドアロン機として職場に常備して会社のパソコンが使えない時の仕事専用機として書類作りに使っているが、デザインも使い勝手も良く気に入っている。

f:id:fighting_ferret:20161111104715j:plain

 

ネットブックと呼ばれた時代のパソコンだが、あまり定着しなかった言葉だったので伝わらない?そして昔使っていたデスクトップパソコン(自作機)のマザーボードもASUS。

中華系メーカーで日本人から見るとうさん臭さも漂うが、自作パソコンを使ってきた私的には昔から知っているなじみがある台湾メーカーで、ここの携帯ZenFoneMaxが並行輸入品(だから安い)で2万円弱でamazonで販売されていた。

ちなみに台湾は自転車と同様にパソコンも一大生産地です。と補足を書いておけば少しはイメージが良くなるかな?

(amazon)

 

バッテリーが5000mAhと大容量だけどその割にデザインはスマート。しかし他に特別な目を見張る特徴もない。バッテリー以外は高額高機能スマホと比べるとスペックは見劣りする。安いからスペック低いのは当然だけど、高負荷ゲームをするわけではないので必要十分。

自分は使わないけどデュアルsim(一つの端末に2つsimポートがあり2回線を使い分けられる)ってプライベート携帯を複数持ちの人には魅力かな?。

ソフトバンク解約したあとに知ったが、3大キャリアの通話プランSIMとMVNOのデータプランSIMの2枚を挿して使う方法が便利そうだ。MVNOの通話料は高いので、通話し放題用に3大キャリアのガラケーとネット用にMVNOのスマホを持つのが、通話もネットも多くする人には一番安く済むそうだが、このスマホならそれを2台持ちしなくてもできる。


自分がiPhoneで使ってきた用途を考えれば、格安simを試してみる最初の1台目としては必要十分かなと思い、手を出しやすい値段がとにかく大きかったのでこれを購入する事にした。
バッテリーに苦労していたから大容量バッテリーを積んでいるのはツボだった。
今回はヨメの分も買わないといけないので高級スマホ2台は金額的に手が出ない。

しばらく使ってみて端末に不満が出てくれば、その時にまた改めてiPhoneに戻すなり高機能androidに替えればいいし、格安SIM回線が使えなければ大手キャリアにまたMNPしてASUSは家のwi-fi利用のオモチャにすればいい。

2万円も出費としては安くはないけれど、5万前後する一般的な携帯やスマホを買うこと思えば十分安い。

 

今は能登旅行直後に、手術&入院して高額出費が続いた直後で、今後も出費がかさむ予定がいろいろあるのに、高い端末、特に10万もする新品のiPhone6Sとか7なんて2台も買えない。

 

ちなみにバッテリー容量はiPhone5s=1560mAh、iPhone6Plus=2915mAh、自分が使っているiPhone6=1810mAhです。
今持っているエレコムモバイルバッテリーがiPhone充電2回分という容量で5200mAh。
5000mAhのバッテリーが標準装備っていかに大きいかが分かります。

 

 

ZenfonMaxのバッテリー交換はできませんが、この容量なら4~5年はバッテリーに不満なく使えると思います。その頃には飽きてバッテリー交換よりも新機種が欲しくなっているでしょう。

ちなみにさらに安い物を探せば1万前後のチャイナ製スマホがゴロゴロ見つかります。中華製はファーウェイが評価高いですが、安物は当り外れがあって全般的にバッテリーが弱いみたいですね。
まあメイン携帯になる端末なのに、値段に惑わされて出所の怪しいこれらにあえて手を出す冒険はないですが。

 

まず一台目、私の分が届きました。ZenFoneMax。本体カバーと液晶保護カバーをいっしょに買いました。

f:id:fighting_ferret:20161111102108j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111104837j:plain

内容物。本体以外には充電ケーブルとコンセントだけ。

f:id:fighting_ferret:20161111104956j:plain

裏面はザラザラ加工のデザイン

f:id:fighting_ferret:20161111105047j:plain

説明書は中国語オンリー(笑)

f:id:fighting_ferret:20161111104934j:plain

 

 

でかい。手帳サイズ、手の平サイズです。しかも重い。写真の見た目はスマートに見えましたが実際は大柄ですね。まあ許容範囲ですが。

f:id:fighting_ferret:20161111102133j:plain

 

しかしヨメの手には大きすぎるので、ヨメ用には別機種を選びました。ZenFone2Laser。

(amazon)

旧モデルなので安いですが性能的にはZenfoneMaxと同等で必要十分。こちらはiPhone6程度の一般的な大きさのスマホです。その分バッテリーも小さくなりますが。それでも2400mAhあり、そして劣化してもこのバッテリーは交換が可能です。

f:id:fighting_ferret:20161111105325j:plain

左からiPhone6、Zenfone2、ZenfoneMax

 

 

ZenFoneMaxに話を戻して電源を入れてみます。

日本語表示。全く問題ありません。

f:id:fighting_ferret:20161111102200j:plain

時間がずれてるなと思ったら初期設定が北京になっていました。さすが平行輸入品。
もちろん東京に直せば問題ありません。

f:id:fighting_ferret:20161111102218j:plain


CPUが弱いからかメモリが少ないからなのか、iPhoneの感覚で触ると反応が重く遅くてレスポンスにストレスを感じます。慣れれば我慢できる許容範囲ですけど、これは値段を考えると仕方ないので諦めます。

 

届いたnano-simをmicro-simアダプターに付けてからsimカードを挿します。

f:id:fighting_ferret:20161111110229j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111110237j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111110250j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111110301j:plain

ZenfoneMax裏ぶた外したところ

f:id:fighting_ferret:20161111110345j:plain

右端上がsim1ポート、下がsim2ポート。中央カメラレンズ下はmicroSDカード。

f:id:fighting_ferret:20161111110352j:plain

 

ZenFone2は分かりづらいですがバッテリーを外すと差し込み口が出てきます。
バッテリー外さず左側に入れたくなるところですが,左はsim2ポートであり,sim1ポートから埋めていかないと使えません。

f:id:fighting_ferret:20161111110331j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111110514j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111110535j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111110543j:plain

sim1ポートの上にmicroSDカードの差し込み口があります。

f:id:fighting_ferret:20161111110553j:plain

f:id:fighting_ferret:20161111110600j:plain


続いてAPNの設定。
主なMVNO各社のAPNはあらかじめリスト化されていて選ぶだけですがエキサイトモバイルはありませんでした。
新規登録を行いリスト追加されたら選択して保存します。

http://image.excite.co.jp/jp/bb/exmb/エキサイトモバイルAPN設定ガイド_Android6.0.pdf

 

エキサイトモバイルのHPにアクセスして自宅でスマホきりかえ切替えを申し込みます。エキサイトモバイルの方で切り替え作業が行われます。

 


しばらく(2時間ほど)待って通話ができるようになりました。

さよならiPhone。

 

 

電話帳の移行

続いて電話帳を移行します。
iPhone4→iPhone6はiTune使えば簡単だったんですけどね。今回はandroidへの移行なので難しい。

まずGmailのアカウント使った方法を試してみましたが、なぜかメールアドレスしか移行できませんでした。

 次の方法として、専用アプリ「JSバックアップ」使いました。iPhone版、android版双方あります。

JSバックアップ オフィシャルサイト

f:id:fighting_ferret:20161113103939j:plain

(Appleストア)

 

iPhoneとZenfoneの双方にインストールして、まずiPhoneからデータを吸い取ります。

電話帳だけなら無料プランでで大丈夫です。

f:id:fighting_ferret:20161113104042j:plain

(JSバックアップ iPhone版)

 

QRコードが表示されるので、ZenfoneでこのQRコードを読み込みます。

f:id:fighting_ferret:20161113104234j:plain

(JSバックアップ iPhone版)

 

 

 

グループ分けして管理していたのが消えてしまいましたが、電話帳の基本データはとりあえず移行できました。

 

自転車ブログに、あまり携帯ネタを詳細に深堀りして書いて話を引っ張り続けるのもどうかと思い簡単にまとめて書きましたれど,どれもこれも1話分のボリューム取れるネタだよな。ネタに困っている自分としては携帯で引っ張るかすごく葛藤しました(笑)

 

 

残る問題は高い通話料ですね。

ヨメとはLINE通話使えば無料で済みますが、長電話になりがちな会社とはLINEは使えない。会社から持たされている携帯は通話料がかかるのでメールと着信専用で、緊急時以外はこちらからは発信使用したらいけないんですよね。ケチな会社なんで。

しばらくこのまま使ってみて、通話料があまりにも高くなるようなら楽天電話とかG-callとかそういったサービスもあるので、後日検討しようと思います。

楽天でんわ: 電話アプリ

G-Call国際・国内電話サービス

 

使ってみて、通話はドコモ品質。ソフトバンクの時より音声が聴きやすいような気がします。心配していたネットも重くなく不満はありません。

問題あるのは安物を買った端末側ですね。メモリ不足ですぐに動作が重くなります。頻繁にメモリやキャッシュのクリーニングを行っています。iPhoneではなかった事です。
あとASUSのアプリがいくつかプリインストールされていて、使わないのに削除できないし勝手に動くので鬱陶しい。(削除したけど笑)

酷使しなければ、普段使いには問題ないと言えるレベルではありますが。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』