.   『広告』

#167 オフライン地図Galileoでルートラボコースを表示する

 

【index】

 

 

 

 

①なぜオフライン地図なのか?


ソフトバンクを解約し、Wi-fiの圏外ではオンラインで使えなくなった私のiPhone6。(写真左。右2っは新しく買い替えたandroidスマホ)

f:id:fighting_ferret:20161111104608j:plain

自転車用の専用スマホホルダーもあるし、自転車ナビ専用としてならまだまだ有効活用ができる。

 

ただgoogleマップやルートラボなどは、常時オンライン環境下での使用が前提で、都度ネット上から地図データを読み込んで表示する仕組みのため、LTE回線を使えない私のiPhoneは外走っている時に使えない。

そのため、あらかじめ地図データをスマホに取り込んで使う、「オフライン地図」を使うわけだが、道に迷った時はこれだけでもあれば十分に助かる。

 

まず昔愛用していたRuntasticの有料版にオフライン地図機能があるので、これを購入して試してみました。

f:id:fighting_ferret:20170228173017p:plain

Runtastic Road Bike- Runtastic

しかし地図データの取り込みが重く、ダウンロードにかなりの時間がかかる。それなのに取り込める地図情報のエリアが狭い。

自転車道路が表示されるOpenCycleMapが使われています。

次の写真はRuntasticの地図データを最大限広範囲に指定したものです。それでも琵琶湖が入り切りません。これ以上大きくすると”地図が大きすぎるため”という理由で受け付けません。

f:id:fighting_ferret:20170226102124j:plain

(runtastic pro for iPhone)

 

自転車用アプリではありますが、エリアが狭くてポタリングなら使えますが、自分の走る距離には足りず欲しいものとは違う。

 

 

そして次に目を付けた無料オフライン地図maps.meは地図は簡易的ですが、その分エリアが広いのにデータ容量が小さく、自転車で使うにはこれがマストアプリかなと思っていました。

f:id:fighting_ferret:20170228173042p:plain

MAPS.ME (MapsWithMe), detailed offline maps of the World for iPhone, iPad, iPod, Android, Amazon Kindle Fire and BlackBerry

f:id:fighting_ferret:20161111103703j:plain

(maps.me for iPhone)

しかしこれをイベントで使おうと思うと、イベントコースのルートを地図上に出せないためにナビとしては使い物にならない。(後述しますがmaps.meでも条件付きでコース表示はできました)

 

 

 

f:id:fighting_ferret:20170227090127j:plain

新しいスマホでもナビが使えるように別途スマホホルダーは用意しましたが、防水では無いので雨が降ればやっぱりiPhoneを使わなければならない。
iPhone6に防水機能はないですが、手持ちの専用ケースが防水タイプなので雨天使用ができます。


イベント日が雨だった場合に備えて、ナビとなるイベントコースをオフライン地図に表示できないものか?
またオンラインの(LTE回線が使える)スマホであっても、オフライン地図を使えばネットにアクセスする頻度は下がり、通信料が減るのはもちろんの事、それ以上にバッテリーの浪費が抑えられるのはロングライド時の大きなメリットだと思う。

そして山間部の電波が届かないエリアで道に迷っても地図は使えるから安心。

 

自転車のコースデータと言えばルートラボ。

多くのイベントが大会事前にルートラボにコースデータを出している。

 

これをどうにか取り込めないものなのか?

 

 

 

 

 

②そしてGalileo

 


そして見つけました。


Galileoオフライン地図(無料)。

f:id:fighting_ferret:20170228173104p:plain

Galileo オフライン地図を App Store で

Galileo Offline Maps - Google Play の Android アプリ

 


無料とは思えないほど高機能です。

自分が知らなかっただけで、実は人気アプリらしく使っている人は多いみたいです。

 

<android版の基本画面です。>

f:id:fighting_ferret:20170226104111j:plain

(Galileo for android)

右上のRECボタンで走行記録を取れますが、走行距離と走行時間はその時だけ追加で表示されます。

速度と高度?はGPSやジャイロセンサーから算出しているからなのか、目安にはなりますが正確さは難があります。

高度?は坂を上ると数字が増え、下ると数字が減っていたのでそう思いましたが、海面近い場所(ほぼ海抜0m)にいても30.0mとかありえない表示されたりしていたのでもしかしたら高度じゃないのかもしれません。

 

 

現在コース全体のどの辺りを走っているのか?次の曲がり角はどれほど先なのか?地図を拡大縮小する操作は頻繁に行うと思いますが、地図の拡大縮小表示ボタンがあると自転車乗りながら操作する場合に便利ですよね。

ボタンが大きく、中央の使いやすい位置にあるのもgood。

チラ見でピンチイン/アウトなんてやっていると危ないし、手探りでピンチ操作しているので一発で見たいサイズにならないとストレスになります。

ワンプッシュで操作できるのは安全面で大きい。

 

他に使えそうな機能として地図中にブックマーク(ドロップピン)を付けられます。

ブックマークを入れたいポイントで指を長押しするとポップアップメニューが出てきます。

f:id:fighting_ferret:20170226105153j:plain

(Galileo for android)

交差点などで進行方向を書いたり、激坂注意!クマ注意!とかコース中の補足説明を入れるのにいいですよね。

 

ブルベでは、サイクリングイベントのような至れり尽くせりのサポートやコース案内表示はなく、コースを間違えないよう要所要所をまとめたキューシートや、それを見やすくしたコマ図という物を各自用意して走りますが、これがあればコマ図の代わりにもなるんじゃないですかね?

f:id:fighting_ferret:20170226105803j:plain

(Galileo for android)

このブックマークの方角に向けてのガイドラインを表示させる事もできます。(3つ上の基本画面図の点線)目的地の方角を確認しながら走れたら安心感はあります。

 

 

 

地図も種類があり好みを選べます。(オンライン環境が必要)

この中でruntasticでも使われているOpenCycleMapが使えそうです。この地図には自転車道路が表示されます。

下写真1枚目は私がよく走っている自転車道路キャニオンロードです。青点線で表示されています。下2枚目は有名なCRがある東京の荒川や江戸川河口です。河川沿いに青点線が入り乱れていました。

f:id:fighting_ferret:20170226110412j:plain

f:id:fighting_ferret:20170303083725j:plain

(Galileo for android)

 

 

 

 

 

③ルートラボデータの取込み

 

さて本題のルートラボデータの取り込み。android版もiPhone版もやり方は同じでした。

まずパソコン上でルートラボのデータをダウンロードします。

f:id:fighting_ferret:20170226110817j:plain

パソコンのルートラボページを下スクロールするとファイル形式を選びダウンロードするボタンがあります。

f:id:fighting_ferret:20170226110828j:plain

(ルートラボ)

 

KML形式でダウンロードして使えました。KML形式が問題なく使えたので他の形式をあえて使う必要もなく、使えるかどうかは確認していません。

次にダウンロードしたコースデータファイルをメールの添付ファイルに付けて携帯へ送ります。

 

携帯メールに送られた添付ファイルをタップすると、どのアプリで開くか確認画面になりますのでGalileoを選びます。

f:id:fighting_ferret:20170227084933j:plain

f:id:fighting_ferret:20170227084942j:plain

 

(gmail for android)

<iPhoneの場合>

f:id:fighting_ferret:20170227084553j:plain

 (gmail for iPhone)

これでGalileoのドキュメントフォルダにあたる、「私のコレクション」にコースデータが加わります。管理しやすいよう必要に応じてコース名など入れます。

写真は見やすい単色ですが、トラックデータの編集で標高を色で表示する事もできます。

コースを削除したい時は下画像右下のゴミ箱をタップします。

コースを非表示にしたい時は下画像左下の斜線の入った目のアイコンをタップします。

f:id:fighting_ferret:20170226111757j:plain

f:id:fighting_ferret:20170226111659j:plain

(Galileo for android)

 

必要なブックマークを加えていきます。アイコンは種類を選べます。

残念ながらGalileo上では取り込んだコースデータの修正/編集はできません。

f:id:fighting_ferret:20170226112202j:plain

f:id:fighting_ferret:20170226112213j:plain

f:id:fighting_ferret:20170226112251j:plain

(Galileo for android)

 

ブックマークも含めたデータは下写真下部の中央のボタンから外部に出力保存できます。

f:id:fighting_ferret:20170226112422j:plain

(Galileo for android)

 

 

 

試しに先日の七尾西湾一周で使ってみました。

試してわかりましたが、走行記録は一時停止ができません。休憩時に止めると走行記録はそれで保存され、次のスタートはまた別のデータとして記録されてしまいます。

実際の使用時には、休憩時間も含めたグロス(全体)の一つのデータとして残すか、小刻みにデータを刻んでネット(正味中身)で管理するか?

全体の中での中身のデータだけ欲しいところですが、ここもバージョンアップに期待ですね。

写真は単色ですが、トラックデータを色で走った速度や高度を表示させる事もできます。

 

f:id:fighting_ferret:20170226112851j:plain

f:id:fighting_ferret:20170226112900j:plain

 

(Galileo for android)

 

 

 

 

④maps.meとの比較

 

Galileoを知る前まではオフライン地図の本命だと思っていたmaps.me。

maps.meでもルートラボデータの取込みをGalileoと同じやり方で試しにやってみたら実はできました。

そしてブックマークも(下画像の赤星ピン)同じく指の長押しでつけられました。

f:id:fighting_ferret:20170226113201j:plain

(maps.me for android)

しかし、自分が試した限りでは一度取り込んだルードラボデータを消せません。

ルートラボデータはひたすら追加され続けるだけようです。

maps.meをアンインストールしてからスマホを再起動して、maps.meを再インストールしてもルートラボデータは消えませんでした。アプリをアンインストールしても、データはスマホ内ドライブに消されずに残っているんでしょうね。


これでは長く使い続けていると、やがて別イベントでコースが重なってしまった時にとても見づらいものになってしまいます。

 

Galileoは個別にコースデータを非表示にしたり削除もできましたがmaps.meはそれができない。

maps.meが優れている点は、上の画像のように"コンビニ"と検索すればコース周辺のコンビニの位置が分かります。(オンライン環境が必要)

 

ただしiPhone版のGalileoならコンビニその他の表示機能も標準で付いているんですけどね。(android版にはありません。オンライン環境が必要)

Galileoは元々iPhone向けアプリだったのをandroidに移植された歴史のようでiPhone版の方が機能が優れています。

f:id:fighting_ferret:20170227084214j:plain

f:id:fighting_ferret:20170226113645j:plain

f:id:fighting_ferret:20170227084411j:plain

(Galileo for iPhone)

コースの色は標高の他に単色に変える事もできます。android版にも同様の機能があります。

 

 

iPhone版のみにあるもう一つ使えそうな機能に、指で2ヶ所を長押しすると、2点の直線距離が表示されます。次の目的地までおおよそどれくらい距離があるのか、軽く確認するのにあると便利です。

f:id:fighting_ferret:20170228173243j:plain

 (Galileo for iPhone)

 

Galileoと比べて、あえてmaps.meを使うメリットはgooglemapのように目的地検索し、そこに行くルート案内の機能が使えるくらいですかね。

 

 

 

⑤まとめ

 

地図が簡易的であるなど不満がないわけではないですが、地図の見やすさ&使いやすさも考えて今はGalileoが私のベストです。
短い時間で調べた限りで、まだ使い込んでいるわけではないのでここで書いた記事が間違ってる可能性があります。当分はGalileoを使い込むと思うので、新しい事実がわかれば都度訂正していきます。

何しろオンラインマニュアルが英文なので読めない。(笑)

 

また、もっと使い勝手の良いお勧めのオフライン地図がありましたら教えてください。本当に使えるアプリなら有料でもいいです。これ!という一本を探しています。

そしてGalileoの有料版は何が良くなるのだろう?メリットが分からないので買おうか迷ってます。

 

 


〜PS〜

今回は試しに「はてなブログ」でよく使われている、全体の構成を章で組立て、最初に目次を入れて、章ごとにタイトルを付けるスタイルで文章を書いてみました…

堅苦しいですね。(笑)

見出しの装飾とか小技取り入れるのに思ったよりすげー時間かかったけど、少しは読みやすくはなったのかな?

見出し装飾に苦労したのに反映されるのはPC表示だけでスマホ表示ではシンプルに文字だけだし…

気が向いたらまたこのスタイルで記事を書くかもしれませんが、私のブログは基本日記なので、次からはやっぱり思いつくがままフリーワード的なだらだらスタイルで書こうと思います。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』