.   『広告』

#179 案内が届いた。(富山湾岸サイクリング2017)

f:id:fighting_ferret:20170411110603j:plain

http://toyama-bay-cycling.jp

[関連記事]

#033 富山湾岸サイクリング2015(1)~帆船海王丸~ - アオゾラペダル。

#107 富山湾岸サイクリング2016(1)~往路~ - アオゾラペダル。

 

 

 

 

 

ヨメにとって悪魔の招待状(笑)が届いた。

f:id:fighting_ferret:20170411103617j:plain

 

私が申し込んだんだけど。(^^)

チャンピオンコース(180km)、ロングコース(120km)、ショートコース(60km)、エンジョイコース(40km)とあるうちの、今回はロングコースにエントリーしています。

 

 

温泉無料券が付いている!

(訂正︰割引券でした)

汗をかくので(逆に凍えるくらい寒かったとしても笑)これは嬉しいですね。

去年は暑すぎた大会でしたが、一昨年前は寒すぎた大会でした。今年も天候が実は一番の難敵になるのかもしれません。

f:id:fighting_ferret:20170411103651j:plain

 

 

 

 

オプションの「プチグルメ氷見」を申し込みするべきか?「プチグルメ氷見」は有料サービスで指定の飲食店で食事できる余興的なクエストになります。

迷ったけど時間が厳しいと思われ見送りました。でもやっぱりネタ的に申し込みするべきだったかな~?

しかし毎年飽きないように趣向を凝らしてくる運営側には頭が下がる思いです。

f:id:fighting_ferret:20170411103838j:plain

 

「プチグルメ氷見」を申し込みしない人は昼飯はどうなるんだろう?

まあ適当に飲食店に入ってもいいし、最悪コンビニ補給でもいいやと思っていましたが、下記画像の説明青ラインを見る感じだとエイド食もとりあえず出るみたいですね。食事する人も食べられる前提ならボリューム面は期待できないでしょうけど。

f:id:fighting_ferret:20170411104529j:plain

 

そして気になる足切り時間とポイントは?

制限時間らしいのは赤ラインを入れた、91.9km地点射水エイドの15:30だけですね。

各エイドに設置時間はありますが時間外は補給が受けられないと言うだけで走行は続けて良いようです。

 

7時スタートとして持ち時間8時間半で92km走ればいいのなら、まあ、走りが遅いヨメでも大丈夫かな?休憩なしなら時速12km/h程度で走っても間に合う計算です。

 

でも、あまり15:30ギリギリだと、残り2時間でゴールまで30キロを走らないといけない事になり、最後バテバテなところに時速15km/hを維持して走れるだろうか?

そっちの心配があるので時間の貯金は少しでも欲しいところ。

 

休憩時間をどれだけ取るかはペースを見て決めよう。

まあ、大丈夫でしょう。

 

 

何と言っても距離こそ124kmありますが、獲得標高は119m!(笑)
キツイ上りはありません。

f:id:fighting_ferret:20170411113151j:plain

 

 

それでもヨメはとても心配しています…

いや大丈夫だって!

 

 

 

 

 

 

そんな感じのタイトルのブログがあったような気がするが…

足を止めなければいつかゴールはできる!(笑)

 

 

 

 

~補足~

「プチグルメ氷見」について、申し込みしていない私のところには詳細を知る資料が届いてなかったので推測で書いていましたが、それも無責任な感じがしたので申し込みしているデンタクさんから教えていただきました。

f:id:fighting_ferret:20170412105811j:plain

AコースとBコースがあってそれぞれ3店ずつ、主食、おかず、デザートの3品をつまみ食いしてまわるようです。スタート受付時(専用ブースにて)に希望するコースのクーポンを渡されると書かれています。

 

Aコース…寿司3貫、ととぼち揚げ(魚のすり身を揚げたもの)、もちパイ

Bコース…寿司3貫、メンチカツ、ミニソフト

 

クーポン券に店の地図は載っているのかな?もし載ってなかったら予め写真の地図を持って走らないと店がわからなくなりますよ。(笑)

多くの参加者が町中を散策してまわるので町ににぎわいを作れます。目的地以外にも歩きまわる事によって町中から地元民には気づかないような第三者の視点からの面白い発見があるかもしれません。良い企画ですね。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』