.   『広告』

#199 グランフォンド富山2017(1)~VS低体温症~

f:id:fighting_ferret:20170607231732j:plain

グランフォンド富山2017 | 海抜ゼロメートルの富山湾から世界遺産・五箇山へ

 

 

手術も無事終わったので先日走ったグランフォンド富山2017の記事を書き始めます。

 

 

 

3時半に自宅を出発。まっくら(^^;)

f:id:fighting_ferret:20170607224318j:plain

 

しらじらと夜が明けていく様子を見ながら一路富山へ移動。

f:id:fighting_ferret:20170607224356j:plain

今日も良い天気になりそうだ。(^^)

f:id:fighting_ferret:20170607224406j:plain

 

 

そして5時前に現地会場入り。

f:id:fighting_ferret:20170607225134j:plain

当日受付を済ます。(今写真をよく見たら右に写ってるのはねこバスさんだ。)

f:id:fighting_ferret:20170607224443j:plain

参加景品は小型のバックパック。サイクルジャージの時に、財布や携帯など小物を入れるのに丁度いい大きさ。
私は荷物が多くてバックパックを使うときはドイターを使い、荷物が少ない時はポケットとサドルバッグに収めるので小型バックパックは使うことはほぼなく(気分でウエストバッグ使う事はある)、今回も使わず車に置いていくわけだが、この後すごく持ってくれば良かったと思う場面に遭遇する事になる。

f:id:fighting_ferret:20170607224649j:plain

 

ちょうど5時に雨が降ってきた。今日は晴れ予報だったので全く気にしない。これも通り雨だろう。
今年は良い天気に恵まれているが、若狭もそうだったけどこういう直前まで予報にも載らないような雨が多いような気はする。

f:id:fighting_ferret:20170607225001j:plain

 

 

前後ライトのチェックを受けたあとスタートに並ぶがすでにかなりの場所取りがされている。
火影さんがいたので話するが4時半の時点で100台くらいは並んでいたそうだ。やはりグランフォンド富山ロングの参加者は本気度が違うな…

しかし一緒に走るデンタク塾長はお連れのシモさんとさらに遅れて会場入りし、いつもの最後尾ww

今日は私と火影さんは遅れるのでスタートで先行して第2エイドの世界遺産相倉集落(五箇山)でデンタクさんらと合流する予定。

f:id:fighting_ferret:20170607225226j:plain

f:id:fighting_ferret:20170607225235j:plain

 

 

 

あ、遠くに「ねこバス」さんと「悪魔おじさん」が一緒にいる!

(^o^)/

 

このチャンス、行かねば一生後悔するだろうと挨拶に伺う。


ねこバスさんは湾岸サイクリングではお世話になったが面と向かって話をするのは初めて。いつもこの格好なので他のブログにはいろいろ写っていて写真では以前から知っていました。大変光栄です。
今日のいでたちはなんかさらにバージョンアップしてますが、いわゆる蛇足というやつで、もはや「ねこバス」ではなくなってますね。(笑)

f:id:fighting_ferret:20170607225328j:plain

(お二人ともいろんな記事に顔出しされているのでぼかし入れる意味ないと思いましたが、一応このブログでは入れておきます。)

 

悪魔おじさんはママチャリの愛車「悪魔シングル君Ψ」で全国のイベントを渡り歩く有名な強者。一度コンタクトを取りたいとつねづね思っていました。
記念撮影で大事な小道具を持たせてもらいました。これまた大変光栄です。この写真は家の家宝にします。(笑)

↓↓悪魔おじさんのブログです。↓↓

悪魔おじさんのエンジョイ・サイクリンぐ~!


ずっと気になっていた「悪魔シングル君Ψ号」を持ちあげさせてもらいました。軽量化仕様になってるのだろうとずっと思っていましたが…

f:id:fighting_ferret:20170607230201j:plain

 

 

 

 

 

ズン…!

 

 

 

(@_@;)!


オモ…

 

 

こ、これで本当に各地の名だたる激坂を走ってるんですか!?しかもシングルギアって…

 

一般的なママチャリより軽いどころかむしろ激オモなんですけど…(@@)

固定概念が壊れてしまいます。どれだけ剛脚なんだ…

 

しかしお二人とも輝き感はハンパない。

お二人以外にも仮装サイクリストで有名な方はいる。

自転車界は仮装で走れば簡単に有名人になれる世界なのか?(笑)

 

 


もう一つ輝いている物を見つけた!

f:id:fighting_ferret:20170607231102j:plain

自転車だけなら見かける事もあるが、メットとのコンビネーションが完璧だ。

なんとこれに乗られている方とも第1エイドでコンタクトする機会がありましたが、服装は学校ジャージでこちらももはやコスプレでした。(^_^;)

この日のために古い自転車整備して望んだそうですが、残念ながらトラブルでタイヤが裂けてしまい、これから一番楽しい(と周りは言っている)激坂地帯を目前にDNF(リタイア)となりました。

DNF - Wikipedia

失意の様子だったので写真をお願いできる雰囲気じゃなかったです。

そこまで見てなかったのですが、タイヤはやっぱり普通の700cとは違うんでしょうね。700cならサポートカーが持っていたと思いますが。

 

 

 

開会式を待ってる間に雨がひどくなってきた。

雨雲レーダーを見ると突然雨雲が発生し海から山へ。これから走る方向に沿って流れていくのでずっと雨に打たれ続ける感じ。ヤダな〜

【現在5:40】

f:id:fighting_ferret:20170607231450j:plain

【予測7:30】

f:id:fighting_ferret:20170607231538j:plain

【予測8:30】

f:id:fighting_ferret:20170607231619j:plain

【予測9:30】

f:id:fighting_ferret:20170607231649j:plain

(ウェザーニューズfor Android)

 

 

6時、開会式。スタートに並ぶ。

f:id:fighting_ferret:20170607232738j:plain


天候が悪く山岳コースは危険なためロングコースはミドルにコースに変更するかもしれない。そのジャッジは8時半に第1エイドのある「庄川水記念公園」で行うとの事。

そしてスタートは通常15秒間隔のスタートだが、今回は安全のため特別ルールで1分30秒間隔に変更との事。

f:id:fighting_ferret:20170607232842j:plain

間隔が長くなったせいでスタートがなかなか進まない。その間ずっと雨に打たれて待っている。
だんだん寒さが耐えられなくなってきた。早く走って身体を温めたい。

 


6時45分、そしてようやくスタート。やっと身体を動かせる。

f:id:fighting_ferret:20170607232907j:plain

 

 

しかし走ってみると逆にもっと寒い!

 

身体が温まる前に、濡れた身体に風が当たり体温をさらに奪っていく。

 

低体温と言えば富山湾岸サイクリング2015を走った時の事を思い出した。

#035 富山湾岸サイクリング2015(3)~VS集団~ - アオゾラペダル。

でもあの時は身体が一度温まったあとの雨だったから走れば身体がすぐに温まった。

今回はスタートから。すでに身体の芯から冷えきり、暖機運転してるそばから熱は奪われていく感じで、足のエンジンがかからない。

 

震えが止まらない… 呼吸が苦しくて、足が動かなくて速度も出ない…一緒にスタートした集団の特に速くもないペースについていけない。

吐き気もしてきた。(*_*;

明後日手術の予定だが、このまま風邪引いても手術は受けられるのだろうか?

 

スタート直後なのに、もう写真を撮っている余裕もない。

震える手で必死に撮った唯一の写真。なんでもない構図なのに余裕なくてピンボケしてるし…

f:id:fighting_ferret:20170607233135j:plain

 


DNF(リタイア)しようかな…(;_:)

 

寒くて吐き気がして辛すぎる。

走れない。この体調でグランフォンドの山岳コース含む180キロを今から走る自信が全く持てない。180キロという距離が絶望的に高いハードルに感じる。

 

一緒にスタートした集団からは一人遅れて、1分半後スタートしてる後ろの集団にも飲み込まれて、もうリタイヤしようかと真剣に迷う。

 

決断が遅れて下手に遠くまで行けば行くほどスタート地点に戻ることが困難になる。

 

ひとつだけ試してみたい起死回生の秘策(ブルベでは普通に使われる手段なので秘策というほどの事でもないが)が頭にあったのでそれを試してみて、DNFするか最終決断をしよう。

 

スタートからわずか4kmほど走ったところで、スタート後方に並んでいたデンタクさんにも追いつかれてしまい、五箇山までは先行するつもりで早く並んだアドバンテージをあっさりと使い切った。

 

追いついたデンタクさんにこの先に見えるコンビニ入ると伝える。

秘策とは、そうこれを買う!

f:id:fighting_ferret:20170607234745j:plain

カッパ!( ゚Д゚)

 

 

コンビニを出ると、心なしか空が青くなってきたが気にしない。(笑)

f:id:fighting_ferret:20170607234831j:plain

 

あったか〜い(´;ω;`)ブワッ

f:id:fighting_ferret:20170607234851j:plain

服は濡れたままだが、風を受けなくなったので体温は逃げなくなった。これだけでも効果は絶大だ。

雨はもちろんタイヤが跳ね上げる泥水も防いでくれる。

f:id:fighting_ferret:20170607235011j:plain

ようやく暖機運転で身体が温まりはじめた。

f:id:fighting_ferret:20170607235038j:plain

絶望的にDNFを考えていたが、カッパのおかげで生き返った。これなら走れそうだ。
まだスタートした富山市内だと言うのにすでに体力の消耗ぶりはハンパないが、とりあえず第1エイドの庄川までは行こう。

 

リタイア寸前だった事を思えばロングコースからミドルコースに変更して走れたとしても御の字だ。

新湊から庄川河口へ、そこで進路を山に向ける。

f:id:fighting_ferret:20170607235108j:plain

f:id:fighting_ferret:20170607235124j:plain

f:id:fighting_ferret:20170607235137j:plain

f:id:fighting_ferret:20170607235152j:plain

 

カッパ着ている空気抵抗も厳しいが、それより体力の消耗で速く走れない。ここはデンタクさんがゆっくり走ってくれたのでありがたかった。

しかし時間はどんどんと経過していく。まだ序盤戦の平地ゾーン。作戦として本来ここは時間を費やす所ではない。

ロング行くかミドルに変更するかは走りながらずっと迷っていたが、ロングを走る場合これで時間は大丈夫なのかが気になる。

 

f:id:fighting_ferret:20170607235352j:plain

 

 

 

 

 


だんだん暑くなってきた。

 

 

 

 


暑くなってきたな〜

 

 

 


 

 


カッパじゃまだな〜 (._.)ボソ…

 

 

 

 

 

 

 


DNFの危機を救ってくれた、命の恩人が邪魔でしょうがない。(笑)

 

 

暑くてついに庄川河川敷でカッパを脱ぐが、こんなところに捨てるわけにもいかない。

この大きさはジャージのポケットもサドルバッグにも入らない。

そう、こんなときのためにサドルバッグにサコッシュを常に用意しているのだが

 


あ…ない。(;・∀・)?

 

 

f:id:fighting_ferret:20170607235745j:plain

あっ!先日ナミ君にシューズ運ぶのに貸して、洗って返すからと言われ持っていかれたままだった!(ーoー;)

 

こんな事ならイベント景品のバックパック持ってきていれば…

モラル的に河原に捨てるわけにもいかず、でもあると邪魔で走れない。処理に悩んだあげく無理やりボトルケージに突っ込んだ。(^_^;)

f:id:fighting_ferret:20170607235910j:plain

デンタクさんはボトルケージにも空きがなく手で持ちながら走る事に。

次に見つけたコンビニでトイレ休憩がてら捨てました。ちょっとコンビニに申し訳ないので必要ない補給食の買物もしました。

カッパさん、もったいない事をして誠に申し訳ありませんでした。m(-_-;)m

 

f:id:fighting_ferret:20170608000657j:plain

f:id:fighting_ferret:20170608000708j:plain

 

 

 


第1エイド「庄川水記念公園」53km地点

f:id:fighting_ferret:20170608000104j:plain

左端の知らない人、バナナくわえてなんのポーズしてるんだか…(^^;)

 

難関の山岳ステージに入る前からとにかく苦戦続きでしたが、どうにかこうにか第1エイドまではたどり着けました。

f:id:fighting_ferret:20170608000143j:plain

朝、開会式で雨のためロングもミドルコースを走ってもらうかジャッジするとのアナウンスがありましたがこの天気でロングコース解禁のようです。

それとは別に私自身がミドルに変更するか決断が必要でしたが、

 

ここまできたらロング行くしかないでしょう!

(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

 

 

ぐったり疲れきった感はありますが、行けるところまで頑張ろう。本来の自分ならばきっと行けるはず!

f:id:fighting_ferret:20170608000536j:plain

 

五箇山の麓から上り勾配が上がりはじめます。

f:id:fighting_ferret:20170608000635j:plain

f:id:fighting_ferret:20170608000737j:plain

 

ここまで約60kmを走って、ようやく山岳ステージのスタート。

f:id:fighting_ferret:20170608000959j:plain

第1ステージは五箇山の上り。斜度9%、距離約4km。

現在の時間は10時半。大長谷関門の制限時間13時半まであと3時間!

f:id:fighting_ferret:20170608000903j:plain

f:id:fighting_ferret:20170608000811j:plain

f:id:fighting_ferret:20170608001015j:plain

(つづく)

 

※第1エイドの制限時間は9:30で、この時間を過ぎるとロングコースの方もミドルコースへ強制ショートカットされるんですね。私の第1エイド出発の時間は写真のタイムスタンプを見ると9:42でとっくに過ぎていましたが、スタート時の事情もあってここは許されたようです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』