.   『広告』

#203 鎖骨骨折(8)~完結編~

#136 鎖骨骨折(1)前日検査 - アオゾラペダル。

#137 鎖骨骨折(2)手術 - アオゾラペダル。

#138 鎖骨骨折(3)退院 - アオゾラペダル。

#139 鎖骨骨折(4)抜糸 - アオゾラペダル。

#152 鎖骨骨折(5)~事故から3か月~ - アオゾラペダル。

#168 鎖骨骨折(6)~事故から5か月~ - アオゾラペダル。

#191 鎖骨骨折(7)~事故から7か月~ - アオゾラペダル。

 

第8回目。長々と書いてきましたが、いよいよ完結編です。

話を引っ張らず、さくさくっと足早に書いていきます。

 

 

 

6月5日(月)

グランフォンド富山を走った翌日。

f:id:fighting_ferret:20170614204900j:plain

 

今日は麻酔科の診察。

前回の通院で手術が決まったあと、急きょ検査を受けてその結果も出ているので今日は問診だけ。全身麻酔は今回も問題なし。

明日は手術の予定が多く入っているらしく、私の手術は後回しで遅い時間になりそうとの事らしい。朝の8時まで飲食OK、飲み物は12時までOKと言われた。

 

でもその方がありがたい…かな?

 

前回の手術は、術後の痛みと空腹に耐える時間が長くて辛かった。

 

 

日中の手術を待つ間、元気な身体なのにする事もなくただ長く待たされる時間をどうとらえるか。確かに退屈だろうけど、術前なので痛みに耐えなくていいだけマシだろう。

健康な身体のままずっと空腹を耐えてじっと待つのも辛そうだけど、手術してそのまま夜になって寝付けられたら痛みや空腹が紛れていいかもしれない。

ただ翌日の退院はその分だけ遅くなるのかな?

 

退屈なあまり、うっかり院内のコンビニに行って食い物を買ってしまいそう。(^^;)
周りに食べ物は一切置かないようにしないと。

 


6月6日(火)

6時起床。いつになくパッチリと目覚める。自覚はないが、もしかして緊張している?

7時に最後の食事。

 

「持物の準備」
入院と手術の書類一式、保険証、診察券、替えの下着(使わなかった)、タオル、
バスタオル、ポケットティッシュ、ハンカチ、湯呑み、箸(忘れたが病院に借りた)、財布、携帯スマホ、キンドル(暇つぶし)、モバイルバッテリー。服装はジャージ。

 

9時に病院に入るよう言われたので8時半すぎに行く。

f:id:fighting_ferret:20170614205709j:plain

 

受付を済ませ病棟まで案内される。

ナースセンターで前回の入院でお世話になったしずちゃんが対応してくれたが、まだ部屋の準備ができていないため、とりあえず食堂に案内され待たされる。

今日退院の患者がいて、その後に入るそうだ。

 

【食堂からの景色】

f:id:fighting_ferret:20170614205737j:plain

 

前回は大部屋空いてないからと個室に入れられたし、病室も過密スケジュールで大変なんだろうな。私も無意味に長居しないで早く退院するようにしよう。

待ってる間、先生が来て挨拶。予約したのは早かったが、手術時間が遅くなってしまったのはリスクの高い患者さんを優先してやるからなのでごめんなさいね。との説明。まあ、そうだろうと思った。

 

「最後にやっつけ仕事でやられるんだよ。」

 

ヨメに言われる。

うるせ。(^_^;)

 


10時すぎに病室に案内される。大部屋だが思っていたより立派だ。

f:id:fighting_ferret:20170614205911j:plain

f:id:fighting_ferret:20170614205922j:plain

f:id:fighting_ferret:20170614220440j:plain

 

「ミルフィー」ってなんだ?(笑)

f:id:fighting_ferret:20170614205954j:plain

 

 

手術の時間はまだ未定だが、おおよそ15時すぎくらいになるとの事。

ヨメは一度、家に帰る。

11時すぎ、手術衣に着替え点滴を打たれる。

f:id:fighting_ferret:20170614210244j:plain

f:id:fighting_ferret:20170614210048j:plain

今回の担当の看護婦さんは強いて例えれば浜口京子似かな?

強いてまで例える必要もない気はするが…

真摯な感じで話していて好感のもてる看護婦さんでした。

 

前回の手術では、始まるまでに至れり尽くせりの対応をされてる感じがあったが、今回は何もない。

前回の手術では事前打ち合わせがあった、尿道に管通すか?とか、BGMの要望とかってないのかな?(^^;)

 

 

やっぱり、やっつけ仕事だからだろうか? (--;)

 

いや好意的に考える事にして、手術が立て込んでいて忙しいんでしょうね(棒)

 

 

午前の段階で早くても14時以降という言われ方だったが、その時間を過ぎても何も動きがない。

そして15時に言われる。「15時45分手術スタート」

 

「あ、はい…。」

……(^^;) 急だな、おい。

 

急に恐くなってきたが、すでにまな板の鯉状態。

 

前回は「命にかかわる手術でもないし、まあ大丈夫だろう」何も知らない無知の強さ、初めての手術に対する興味本位の方が勝っていたが、今回は一度経験している事がリアルに恐怖感を呼び覚ます。

 

恐くない、恐くない、無になれ…(--;)

 

今回も歩いて手術室へ。

前回の手術では頭の中にアリスのチャンピオンが流れたが、今回はなぜかレクイエムが…不吉。

 

点滴で打たれる全身麻酔に全力で眠らないよう、あらがってみたがやっぱり勝てなかった…

 

5時半終了。

麻酔科医に眠りから起こされると同時に、傷口に激しい痛みが襲う。

 

病室に入ってから、痛み止めにやっぱりまず、おしりをめくられ座薬投入。

 

 

おほううう(;´д`)

 

効かない。

でも筋肉注射は痛いからイヤだ。

今回はアイスノンで傷口を冷やしてもらう。

 

麻酔が抜けるにしたがい、傷口がズキズキと痛みを増していく。

点滴のほか、心電図や脈拍計などいろいろつけられていて身動きが取れない。

寝返りうてないのが辛い。

痛みに耐えながら、眠ったような眠れなかったような感じで一晩を過ごす。

 


6月7日(水)

朝。

f:id:fighting_ferret:20170614211434j:plain

ミルフィーってなんだ…?(笑)

 

点滴以外の装置が外される。

身体起こせるようになりいくらか楽に。

6時、お茶が与えられる。

f:id:fighting_ferret:20170614211457j:plain

18時間ぶりの水分。

朝食。

f:id:fighting_ferret:20170614211613j:plain

少しずつゆっくり噛んで食べる。

体内から外されたチタンプレート。と固定に使われたボルト。

f:id:fighting_ferret:20170614211644j:plain

私はついに機械の身体から生身の身体に戻った…

 

 

担当医の先生が朝一で様子を見に来たので、今日退院したい事を伝えたが、病院出るまでに確認しなきゃいけないのは来週の診察予約とそれまでの痛み止めの薬の用意。

f:id:fighting_ferret:20170614212244j:plain

ヨメが来たので、もう一度退院したいことを看護婦に伝える。

その場では点滴が終わるまで待ってから退院と言われ、点滴が終わったので再度看護婦さんを呼んだら点滴外しただけで行ってしまう。あれ?

あとは何を待たされているのかわからない感じでずっと待たされて(放置されて?)、待ち疲れて催促したら慌てて今、薬の用意をしていると言われた。

朝一で薬の話をしているのに、薬の用意がそんなかかるわけないでしょ。忘れていたんでしょ。朝は外来が忙しいから。いいけど。

 

12時に退院。

病院の裏は墓場。シュール(笑)

f:id:fighting_ferret:20170614212525j:plain

昼飯は質素な病院食ではなく、がっつり食べたかったので昼前の退院を急いだ。

でも胃に入れるにはまだかつ丼は急すぎたようで胃もたれする…

f:id:fighting_ferret:20170614212642j:plain

 

今月くらいは安静にしておきたいので自転車はお休みですね。再開するのは7月からと思っていますが、すでに仕事が忙しいシーズンに突入していますので、ひと夏はほぼ気休め程度の乗車になると思います。本格的に再始動するのは秋から。

またしばらくは購入ネタ中心の日々になるな~結構きついんだよな~(´Д`;)

 

 

6月8日(木)

重い物を持つのは遠慮したが、退院の翌日から仕事には復帰した。

とにかく傷口がつながるまでは安静に。

そして数日後、今回の請求書が届く。

1泊2日の手術付きプラン。

今回も安定のジャイアントエスケープが余裕で買える金額…(--;)

 

若狭センチュリーライド前に名古屋へ長期出張に飛ばされた残念なナミくんから帰ってきました。走ってます!という報告がありました。

何でもいいけどサコッシュ返せ(笑)


f:id:fighting_ferret:20170616094209j:image


6月14日(水)

手術から一週間後の診察。とにかく傷口の上から貼られた保護シールが一週間貼りっぱなしのため炎症ぎみで皮膚が痒くて痒くて剥がしたかった。

f:id:fighting_ferret:20170614221527j:plain

 

傷口を覆っていたシールは剥がされました。今回は針は使っていないので抜糸ではないです。

まだ傷口には痛痒さはあるけれど、これはもう数日も待てば時間が解決するでしょう。

鎖骨骨折はこれでようやく完結です。

 

 

ただ今は五十肩が痛い…(T-T)

 

 

これはリハビリを頑張るしかないようです。

痛いの無理して動かす事で少しずつ可動域は広がるそうです。

(五十肩の症状にも種類があって誰もが私と同じパターンに当てはまるわけではないので、医者に確認してからリハビリは行ってください)

痛みが無くなってしまったら、完全に身体が固まってしまった状態で、そうなるともう可動域を広げる事は不可能みたいです。とにかく時間との闘い。今を頑張るしかない。 

 

 

五十肩の痛みは本当にキツイです。

 

五十肩って肩が上がらなくなるだけかと思っていましたが、こんなに痛みが伴うものだとは思ってもいませんでした。瞬間的な痛みだけではなく余韻としてキューっと後にまで長く引きずる痛みです。

可動域内で痛くないように動かしていても、鉛が入ってるかのような重さを感じます。

 

 

 

医者に処方箋で出されている痛み止めを飲みながら、痛くなるまで動かして頑張れと言われました。(T-T)


どエムプレイだな…(笑)


刑事に追われて、追いつかれて後ろ手を取られたら、今なら間違いなく即ギブアップします。(笑)

 

昨年10月に自転車の転倒が原因の鎖骨骨折。

肉体的に痛いのも、経済的に痛いのも、もうこりごりです。

長い間、お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

 

「完」~鎖骨骨折編終了~

 

 

 


次回からは…

 

 

 

 

「死闘!五十肩!闘病編」スタート!

 

こうご期待!

 

 

 

 

 冗談ですよ(笑)

 
~PS~

6月12日がグランフォンド糸魚川のエントリー受付開始日でしたが、仕事の忙しさにかまけてすっかり申込を忘れていました。14日に気づき慌てて送られていた応募ハガキを出しましたがすでにネットの方では受付終了の告知。( ゚Д゚;)

f:id:fighting_ferret:20170614222248j:plain

 

f:id:fighting_ferret:20170614222436j:plain

 

f:id:fighting_ferret:20170614222653j:plain

グランフォンド糸魚川 《公式サイト》

 

秋イベントの大きな柱だったのにオワタ…

敗者復活とかないかな?

受付終了の告知はしたけど、実はまだ枠が余っていて間に合った!とか…

 

 

奇跡を信じる!

f:id:fighting_ferret:20170614232030j:plain

 

 

犬「ねーな。」

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』