.   『広告』

#228 ノトイチ2017(3)~サバイバル~

 

奥能登で、前回の骨折事故に続き今回はパンクで遭難リターンズ!(笑)

f:id:fighting_ferret:20170921224823j:plain


いや、笑えない…(¯―¯٥)

 


例えチューブ交換が成功したとしても、タイヤ自体に穴が開いている。ここも何とかしないとすぐに同じところがパンクする。

f:id:fighting_ferret:20170918144621j:plain

 

買ってから数年、全く出番がなかったパッチ(パークツール)をついに使う時が来た!

あれパークツールは持ってきてたっけ?( ・ิω・ิ)
手持ちの物を見てみると…

f:id:fighting_ferret:20170921224916j:plain

 


…ない。orz

 

 

 

フルセットはリドレーのサドルバッグに常備しています。

主に近場を走るラレーで普段持ち歩いているのはチューブとタイヤレバー、携帯ポンプ、チェーンロック。

それにプラスして、前回ケガをしているので何となくケガ応急処置関係と、パンクが続いた時の保険にチューブ用のパッチだけリドレーから抜いて持ってきていました。


しかし幸か不幸か前回の修理で意味がないのに、何となく貼ってたやつがある!!(・∀・)!!

#225 カールトン号いろいろメンテ - アオゾラペダル。

f:id:fighting_ferret:20170921225051j:plain


これを剥がしてパンクしたところに貼ってみるが、糊がもう効かない。(-_-;)

 

タイヤをホイールに付けようとすると剥がれて落ちてくる。

何かテープで固定できないか…?

 

こんな時のためにバーテープの最後固定する絶縁テープは多めに巻いてある!!(・∀・)!!

f:id:fighting_ferret:20170921225352j:plain


しかしハサミがない…(--;)

いろいろと準備不足を痛感…

 

 


もう…

f:id:fighting_ferret:20170921225501j:plain

 


絆創膏で貼っちゃえ!(笑)

 

 

 


生命の危機すら覚え、緊張しながらも何とか修復。

空気圧は弱めに入れたが、それでも傷跡が開いて痛々しくまたすぐに同じところパンクしそうだ。

f:id:fighting_ferret:20170921225555j:plain


裏貼りしたパークツールの耐久性に祈るしかない。

とにかく珠洲市まではこのまま耐えて行けるところまで行くしかない。

2度目のパンク用にチューブ用のパッチもあるから。

 

しかし時間だけは無情に進み、12時半近くに差し掛かる。

f:id:fighting_ferret:20170921225846j:plain

  

 

 

「No.4 道の駅狼煙」到着。

f:id:fighting_ferret:20170921225900j:plain

去年寄らなくて後悔した禄剛崎灯台に登る。

f:id:fighting_ferret:20170921225918j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921225957j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921230350j:plain

 

坂を上がると芝生が気持ちよさげな素敵空間が広がります。

f:id:fighting_ferret:20170921230043j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921230051j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921230103j:plain

ここは水平線からの日の出も日の入りも同じポイントで見られるとの事。

180度パノラマで撮ってみました。

f:id:fighting_ferret:20170921230148j:plain


昼飯用にとずっと持って走っていたパンをかじります。

f:id:fighting_ferret:20170921230244j:plain
スニッカーズも溶けていたので(^^;)ここで食べてしまいます。

f:id:fighting_ferret:20170921230305j:plain

 

これだけではカロリーが足りない。ここに食堂はあるのだけどしかし時間がない。あと手持ちのお金も自転車財布に2千円ほどしかない。

f:id:fighting_ferret:20170921230455j:plain


珠洲市でパンク修理に持ち込む事も考えた場合、現金は残しておきたい。

早々に出発。
穴がさらに大きく広がってる。

f:id:fighting_ferret:20170921230539j:plain

パークツールは貼ってあるけど、石を同じところに踏んだらアウトだな。

 


石コロ怖い(笑)

f:id:fighting_ferret:20170921230615j:plain

 

 

平坦道。ここも速く走らないといけないエリアですが、石を踏まないよう路面を見ながら走るため、ゆっくり走行になります。

幸い道がキレイなのと、車が少ないので車道の中央よりを主に走れるので助かります。

f:id:fighting_ferret:20170921230704j:plain

外浦と違って内浦に入ってきて波が少しずつ穏やかに。

いい感じの浜辺。海もキレイ。こういう所で海水浴がしたい。

f:id:fighting_ferret:20170921230726j:plain

外浦の砂浜には浜辺が削られないよう必ず設置されているテトラポッドが、内浦側にはありません。

この後にも海の写真入れますが、さらに進むと波もなくなります。

f:id:fighting_ferret:20170921230751j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921230803j:plain

 

 

珠洲市に入ります。

f:id:fighting_ferret:20170921230820j:plain


まずコンビニ休憩。

f:id:fighting_ferret:20170921230845j:plain

休憩しながら100円ショップとホームセンターを探します。

幸い、どちらも近くにありました。

まず100円ショップでパンク修理キットを探して、なければホームセンターで同じく修理キットか、タイヤ穴埋めに愛用している革靴カカト補修パテを買おう。

でも革靴カカト補修のパテは乾かすのに数時間かかるから修理キット優先。

地方によくあるさびれた感のするショッピングモールにポピアがありました。

f:id:fighting_ferret:20170921230948j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921231001j:plain

 

見つけた!(ToT) アッテヨカッタ…

タイヤレバーはいらんけど。

f:id:fighting_ferret:20170921231009j:plain

 

ʕ•̀ω•́ʔ✧これでジオンはあと10年は戦える…(笑)

 

10年戦えるのはいいんだけど、ここまでのタイムロスが痛すぎる…(--;)

 

 

 

「No.5道の駅すずなり」

f:id:fighting_ferret:20170921231233j:plain

道の駅で補修。チューブ用のパッチですが、これを大胆にタイヤに貼ります。

虫ゴムもついていたのでちぎって穴埋めに詰めました。

f:id:fighting_ferret:20170921231305j:plain

耐久性はあるのか?すぐに剥がれないのか?

当然今までこんな使い方をしたことはありませんので、そのあたりは分かりませんが剥がれたら貼り直せばいい。

とにかくパッチは何枚もあります。デポ地の穴水町までパンクさえしなければ…

時間は15時になりました。当初のゴール目標時間です。

 


今年から新しく設置された、コースから外れた余計な位置にあるCP「若山の庄」に向かいます。

f:id:fighting_ferret:20170921231426j:plain

 

No.6 「寄り道パーキング若山の庄」

f:id:fighting_ferret:20170921231629j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921231638j:plain


続いて次のCPのある見附島へ。

標識の情報では穴水まで50Km!

f:id:fighting_ferret:20170921231704j:plain

ただし直通で通っているバイパス道を走ってのこの距離です。

今日は海岸を走るのでこれ以上はある…

珠洲市は祭りをしていました。平日なのに?

f:id:fighting_ferret:20170921231744j:plain

 


No.7 「フレッシュライン見附公園」

f:id:fighting_ferret:20170921231818j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921231914j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921231926j:plain

耐えてる!(笑)

f:id:fighting_ferret:20170921232249j:plain

 

恋路海岸

f:id:fighting_ferret:20170921232321j:plain

 

 

f:id:fighting_ferret:20170921232414j:plain

次のCPがある宇出津(うしつ)を目指しますが、標識を見誤って海岸ではなくバイパスに入ってしまいました。

f:id:fighting_ferret:20170921232445j:plain

まあいいや。おかげで骨折事故現場を見なくて済む。

f:id:fighting_ferret:20170921232157j:plain

(Galileo for Android)


しかしちょっとしたアップダウンすらもうキツイ。足に力が入らず限界です。

スタミナ切れ。昼飯十分じゃなかったからな。

手持ち最後の補給を取ります。

f:id:fighting_ferret:20170921232518j:plain

 

 

 

10時間完走が無理ならブルべの制限時間13時間半まで!と思っていましたが、それも今や絶望的となり挑戦的な前向きな気持ちは消えました。

とにかく今は明るい時間の内に帰りたい。

 

No.8 「コンセールのと」

f:id:fighting_ferret:20170921232631j:plain


17時半になりました。ここまでの走行距離157km。

f:id:fighting_ferret:20170921232649j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921232743j:plain

まだあと50kmくらい走らないといけません。


日がいよいよ沈んできます。急がないと。

f:id:fighting_ferret:20170921232820j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921232853j:plain


No.9 「能登七見健康福祉の郷なごみ」

f:id:fighting_ferret:20170921233008j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921233026j:plain


最後のCP七見。

これで今日予定していたCPは全て獲得しました。

f:id:fighting_ferret:20170921233240j:plain

(いしかわ里山里海サイクリングルートモバイルスタンプラリーforAndroid)

 

最低限のノルマは果たしました。

このエリアは取りこぼすと簡単には次来られない。

あとは帰るだけです。しかし時間は18時。夜はもう間近です。

f:id:fighting_ferret:20170921233307j:plain

f:id:fighting_ferret:20170921233326j:plain


穴水に向かうのに峠越えのバイパスと、海岸を走る道があります。

f:id:fighting_ferret:20170921233349j:plain

(Galileo for Android)

パッと地図を見た限り距離的には変わりませんが、海岸側の方がウネウネしている分だけやや長いか?

バイパスは道がキレイですが車はビュンビュン走り、長い上りもある峠越え。さっきの宇出津に行くバイパスも苦戦しましたがこのバイパスはそれ以上の距離があります。

正規のサイクリングルートは海岸側。道は狭いかもしれないが車は少ないだろう。

夜のバイパスは車が怖いし、海岸を飛ばした方が時間もかからないだろう。

もろもろを考えて海岸側を選びます。

f:id:fighting_ferret:20170921233522j:plain

いよいよ次第に暗闇に染まっていきます。

暗く、道がせまい事もあってあまり飛ばせません。

f:id:fighting_ferret:20170921233538j:plain

 

前が見えないのでサングラスを外しますが、自転車ライトに集まる虫が目に飛び込んできます。

汗が引いて急に海風が冷たく寒さを感じます。

民家はありますが、人の気配がありません。

 

聞こえるのは内浦の穏やかな波の音。

 

寒さからか身体に力が入らなくなってきました。補給切れもあるか?

車がまったく通りません。

家がないエリアがほとんど。そんな道は外灯もなく真っ暗。

ライトがなかったら歩きでも怖い。

 

ライトは持ってきて本当に良かった。

目標10時間!

ゴール到着時間は早ければ16時、遅くとも18時には穴水駅にゴールできるだろうという算段でいたから出発前持って行こうか迷っていた。
走行ルートにトンネルがある事を思い出したから持ってきた。

f:id:fighting_ferret:20170921233931j:plain


そしてときどき草むらから風ではない不自然にガサガサっと音がします。(動物?)

ドキドキドキドキ…

そっちの怖さもあります。

 

時間は19時をまわります。

何か気持ちが切れてしまいました。


心細い…

真っ暗、静まり、孤独、体力の限界。


初めて走る灯りもない静かな道を、ただ一人自転車でもくもくと走る。
走っても走ってもいつまでも続く「暗闇」

 

景色が変わらないから前に進んでいる気がまったくしない。


「車が来たっ!」って思ったら客がまったく乗っていない無人の路線バス

暗闇を走る無人バス…

幽霊バスかっ!(笑)


これはこれで怖い…(^^;)


心細くて気を紛らわすためにヨメに連絡を取ろうと携帯を触りますが、電波が届きません…orz

精神的に折れました。

写真を撮っている余裕もない。


自販機で補給。

暗闇の中に自販機の照明だけが光輝いています。

ずっと水もしくはスポーツドリンクを飲んでいましたが、炭酸(CCレモン)が無性に飲みたくなっていました。

しかし目の前にあるのはコカ・コーラの自販機だったのでリアルゴールド補給します。

 

一口飲んで冷静になり、あらためて無力感に襲われます。

休むと夜風が冷たく寒いです。

 

休憩してる前をまた無人バスが走っていきました。

せつないな…バスの運転手も…オレも…

 

リタイヤしたい。

しかしタクシー呼べるほど手持ちの現金がない。

客いないんだし、バス輪行で帰るのもありかな?でもバスの時間がわからない。
きっと自走でゴールまで走った方が早いくらい待たされるのだろうな。


地図を見るとたかだか15kmほどの海岸道。全く問題ない距離のはずなんだけど。
ここまで必死に走ってきたつもりだがまだ半分しか進んでいない。

あと直線距離で5kmもいけば大通りに出られるのに、速く走れないし景色がわからないし時間だけが経過する。全ては気力の問題。

f:id:fighting_ferret:20170921234344j:plain

 

暗闇にポツンと立っている老人ホームの前を通ります。

老人ホームはこういう人里から離れたところに作られるよな。

そんな事を考えながら気を紛らわせる。

さらにしばらく暗闇の中を走ると自転車ライトに照らされて突然道に

 

人影が!?

 

「出たっ!」(@_@)!

 

左に避けようとすると向こうも同じ方に避けようとしてあやうくぶつかりかけました。

暗闇の中、明かりも持たずに何やってんだ?

徘徊老人?


ドキドキドキドキ…

 

お互い恐怖のあまりなのか全く無言でやり過ごします。

私は危ない!と声出そうとしていたのに完全に恐くて声が出ませんでした。

動転して口をパクパクさせてました。

今日一番の心拍数MAXです。(笑)

やり過ごすと一目散に戦線離脱!全力でその場を走り去りますwww

 

まさか4つん這いで走って追いかけてきたりとか…

 

しないよな…(><;)

 

f:id:fighting_ferret:20170921234332j:plain

時間がかかり身も心も疲れ果てた状態ながらどうにか大通りに出ました。

無人バスじゃない、普通の車が走っている事にどっと安堵感を感じます。

 

なぜか、今までずっと動かなかった脚が突然元気に動き出す。

気持ちって大事です。

 

それともここにきてリアルゴールドが効いてきたか?(笑)

 

大通りに出たものの、まだしばらく人の気配のない道を走ります。
とにかく町の灯りを見てほっとしたい。

f:id:fighting_ferret:20170921234610j:plain


そして穴水町に入る。見よ、あれが穴水の町の灯りだ。

f:id:fighting_ferret:20170921234626j:plain

 

ヤマトは無事、地球に戻ってきた。

20時、デポ地の穴水駅に到着。

f:id:fighting_ferret:20170921234706j:plain

 

きつかった…orz

 

 

朝5時半に出発したから14時間半のルンルンサイクリング(笑)

目標10時間にほど遠い結果で終わった。orz

ネットの走行時間は5時半発⇒20時着で14時間半でしたが、グロスの走行時間はオドメーター一周してしまい10時間53分。

f:id:fighting_ferret:20170921234808j:plain

距離は宇出津でバイパスショートカットしたから思っていたより短かったけど、それでも予定通り初の200km!

そりゃきついわ…

f:id:fighting_ferret:20170921234929j:plain

アベレージは18kmでした。

f:id:fighting_ferret:20170921234850j:plain

何回か挑戦すれば、そのうち普通に走れるようになるのでしょう。

早々にナビが使えなくなったり、パークツールを忘れたり、補給面(現金)とか反省点も多くありました。


奥能登は何度走っても簡単に走り終われない。
鬼門だな。何なんだろう。

2014年=雨極寒
2015年=膝痛、雪極寒
2016年=雨中止、骨折事故

 

そして2017年、今回ノトイチ2017…

 

 

パンクと徘徊老人(笑)

 

 

 

とにかく、お疲れ様でした… orz

 

「チョビ… 疲れたろ…。僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ。」
「チョビ……。」

 

チョビ「おっつかれちゃ~ん」 (・´`U Snoopy

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』