.   『広告』

#246 いしかわ里山里海スタンプラリー(のと里浜ルート2)

11月23日(木)、鈴鹿を走ってきました。

f:id:fighting_ferret:20171126221016j:plain

鈴鹿までの道のりは遠かったですが、やっぱりサーキットコースは走ってとても気持ち良かったです!全力で走りきり精魂尽きてピットでぶっ倒れるような走り方もたまには良いものですね。

この記事は時間がなくてまだ下書き原稿を書いてる最中です。しばしお待ちください。一緒に走ったふじしんさんがこの日の記事を一足早くアップしています。待てない方はこちらをどうぞ!

第18回鈴鹿8時間エンデューロ秋sp - 気まぐれ銀輪好き(^o^)/

これ読んだら私が同じ内容のネタを改めて書く必要もないような気もしてきましたが…(^_^;)

 

 

 

 

 

 

11月10日(金)「 道の駅 のと千里浜」

8月末から長々と続けてきた「いしかわ里山里海スタンプラリー」の最後の走行です。残すCP(チェックポイント)は55個中あと6個!

f:id:fighting_ferret:20171112161931j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113085849j:plain

 

デポ地は今年の7月7日にオープンした新しい道の駅。なぜか足湯があるし中の作りもモダンな感じ。札幌雪まつりの雪像のように砂を使った砂像がある。

f:id:fighting_ferret:20171112162127j:plain

f:id:fighting_ferret:20171112162139j:plain

f:id:fighting_ferret:20171112162153j:plain

 

No.14「道の駅 のと千里浜」

f:id:fighting_ferret:20171112162439j:plain

今日の自転車はリドレーです。

 

いい天気ですがとても寒い。テンション低めに9時半に出発。

まず自転車道路を走る。

f:id:fighting_ferret:20171112162515j:plain

 

ほどなくして次のCP千里浜レストハウスに到着。

No.13「千里浜レストハウス」

f:id:fighting_ferret:20171112162532j:plain


海岸手前にここにも砂像が。こういうのって雨降ったら崩れないのかしら?台風の時はどうだったんだろう。逆に晴れ続きで水分が抜けても崩れそうだし。何か粘着質な液体を染み込ませているのかな?

f:id:fighting_ferret:20171112162619j:plain

千里浜は車が走れる海岸。もう何年もここを走った事はないが、走った時は確かに気持ちが良かった。

f:id:fighting_ferret:20171112162801j:plain


なんと!千里浜は2016年度のベストビーチ1位だそうです。

f:id:fighting_ferret:20171112162826j:plain

 

www.travelvoice.jp

うそじゃないけど、他は沖縄ばっかり!(笑)

って言うか写真だけ見ると青い海、青い空の南国感あふれる沖縄の海岸ばかりの中で、いかにも日本的情緒な海岸風景の千里浜が1位ってちょっとおかしくないか?(^^;)って思ってしまいますが、やはり車が走れる砂浜と言う点が評価されてたようです。
ちなみに2017年度は8位に後退。

 

 

羽咋の街中に入ります。

f:id:fighting_ferret:20171112162954j:plain


次のCPコスモアイル羽咋。

f:id:fighting_ferret:20171112163014j:plain

f:id:fighting_ferret:20171112163106j:plain

青い看板が見つかりません。博物館周辺の敷地内を探してまわります。

f:id:fighting_ferret:20171112163118j:plain
10月末の台風で看板が飛ばされて撤去されていたCPもあったと他の人のブログで見ています。ここもその手の理由かな?って思い博物館受付に看板がどこにあるのか聞くと写真の木のカゲにあると教えてくれました。

f:id:fighting_ferret:20171112163138j:plain

正面から入ればこの通り、目の前だったのですが、私は裏から入ったので気がつきませんでした。
思わぬ時間を取られました。

No.15「コスモアイル羽咋」

f:id:fighting_ferret:20171112163226j:plain

 

次のCPを目指して羽咋の街中を進みます。

f:id:fighting_ferret:20171112163335j:plain
道が狭い。

f:id:fighting_ferret:20171112163353j:plain

車道は対面の1車線で路肩が極端に狭い。
羽咋周辺はこんな道が多くありました。すぐ側を車が走り、特にダンプに抜かれた時はとても怖い。ロードバイクにはもう何年も乗っていますがこういう道はいまだに慣れないです。こういう道で歩道走れるところは歩道走るようにしました。

 

f:id:fighting_ferret:20171112163445j:plain

f:id:fighting_ferret:20171112163457j:plain

古墳の湯に到着

No.11「志乎・桜の里温泉 古墳の湯」

f:id:fighting_ferret:20171112163514j:plain

f:id:fighting_ferret:20171112163631j:plain


ラスト2個!いよいよカウントダウンです!

f:id:fighting_ferret:20171112163755j:plain

 

今日は長袖ジャージにウインドブレーカー着ています。その下にはおたふく手袋の冬アンダーシャツ。

よく晴れていますが昼近くになっても暖かくはなりません。

f:id:fighting_ferret:20171112130852j:plain



次のCPを目指します。本当に気持ち良い天気です。

f:id:fighting_ferret:20171112163906j:plain

今日の天気は10日前の時点では10日間予報では雨でした。今日、ここを走るつもりで休みを入れていましたが、雨予報という事で諦めていました。

それが7日前の時点では週間予報で曇に変わり、そして数日前からついに晴に変わりました。

 

「チャレンジライドにいかわ」だけはひどい雨でしたが、それ以外は毎回このようなさわやかなアオゾラの下を走っているような記憶しかない。今年は天気に恵まれたな。

(実際は「GF富山」とか「若狭路センチュリーライド」もスタート時は雨模様でしたが)

f:id:fighting_ferret:20171112164157j:plain

幹線道路が先に触れた通り自転車で走るには道幅が狭くて怖いので裏道を駆使します。事前にひいたルートラボのコース図からははずれていますが、そこは身軽で小回りのきく自転車の良いところでナビを見ながら臨機応変に細い道を使っていきます。

f:id:fighting_ferret:20171112164229j:plain

ホテルウェルネス能登路に到着。

f:id:fighting_ferret:20171112164304j:plain

No.12「ホテルウェルネス能登路」

f:id:fighting_ferret:20171112164347j:plain

いよいよライト1個!

f:id:fighting_ferret:20171112164408j:plain

 

最後は難関の宝達山山頂。

標高637.1m、麓から山頂までの距離6.8km。

 

現在は11時すぎ。

朝は食べていますが、山に入るともう食べられない(たぶん)ので軽めにコンビニで補給をしておきます。

※実際は山頂にレストハウス的な物がありました。

f:id:fighting_ferret:20171112164455j:plain

f:id:fighting_ferret:20171112164507j:plain

 

宝達山はヒルクライムレースが行われているルートです。

遠回りでしたがとりあえず「いしかわ里山里海サイクリングルート」上での公式スタート地点になっている体育館にまず行きます。

f:id:fighting_ferret:20171112164633j:plain

(いしかわ里山里海サイクリングルート コース図より)


宝達志水総合体育館(旧名:押水総合体育館)。

f:id:fighting_ferret:20171112164554j:plain

 

ヒルクライムのスタート地点がどこからなのかわかりませんでしたが、走った人のブログ読んでいるとここではないような感じです。

もし宝達山の麓からスタートならば4キロほど無駄な走行になります。

ストラバを使えば勝手にあらかじめ設定されている区間のタイムが出るので、あまりそこは気にせず軽く自分はどれくらいで走れるかを確認しようと思います。

 

ストラバを知らない方はこちらの記事参考に見て下さい。

#175 ◆手取川TT(1) - 日々精進~オレの自転車日記~

 

 山岳コース走ると顔から滴り落ちるほど汗をかくので先にウインドブレーカーを脱ぎ、アイウェアも外します。

もちろん初めて走る道なので道を探しながらですし信号があれば止まります。ベストの記録は出せませんが目安程度でも自分の立ち位置を知りたい。

 

さあ、フィナーレ!。ラスボスとして倒しがいのあるコース。

f:id:fighting_ferret:20171113091408j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113091501j:plain

山に入る前から徐々に勾配が上がっていきます。

f:id:fighting_ferret:20171113091441j:plain


このT字交差点を右に曲がると、いよいよ宝達山の上りスタート!

f:id:fighting_ferret:20171113091529j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113091541j:plain

長々と書いてきた「いしかわ里山里海サイクリングルートスタンプラリー2017」のクライマックスです。

(つづく)

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』