.   『広告』

#247 いしかわ里山里海スタンプラリー(のと里浜ルート3)

このT字交差点を右に曲がるといよいよ宝達山の上りスタート!

f:id:fighting_ferret:20171113091529j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113091541j:plain

 

スタンプラリーフィナーレのヒルクライム。

出足、この辺りは順調。

f:id:fighting_ferret:20171113100055j:plain

だんだん息が荒くなってきます。酸素がいくらあっても足りない。

f:id:fighting_ferret:20171113100125j:plain

 

そんな時に第一の刺客が…

f:id:fighting_ferret:20171113100207j:plain

(・・;)

 

 

ぎゃぼっ!?やめてくれっ!(TT)

サーンーソーっ

「エホッ」むせ返り煙幕を抜けるまで息が止まりました…

一気に息が苦しくなります。

 

息を整える暇もなく勾配が上がっていきます。早々にギアはインナーローになりもう後がなくなりました。(¯―¯٥)

身体もなまっているし、久しぶりに撃沈しそうな予感がビンビンときます…

f:id:fighting_ferret:20171113100249j:plain

つづくつづら折り

f:id:fighting_ferret:20171113100309j:plain

 

ゆるいところでも斜度5%くらいとキツイが、10%⇒5%になるとすごく楽に感じて足がよく回る!

f:id:fighting_ferret:20171113100336j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113100416j:plain

 

10%前後の坂がまだまだ続きます。

f:id:fighting_ferret:20171113100404j:plain

 

景色はこんな感じ。

f:id:fighting_ferret:20171113100515j:plain


気持ち良い路面道で、さすがイベントに使われるルートだけの事はあると思っていましたが、途中から狭くなりよくある山道っぽい道になります。

f:id:fighting_ferret:20171113100447j:plain


すでにギアはなくなっていますが、足もそろそろ続かなくなってきました。

f:id:fighting_ferret:20171113100922j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113100940j:plain

つづら折りがいつまでも続きます。

f:id:fighting_ferret:20171113100953j:plain


久しぶりの本格山岳コース。

時速は7キロ。足が力尽き完全に失速してしまいました。

f:id:fighting_ferret:20171113101013j:plain


たかだか6〜7キロ程度の上り道でも、こんな速度で走っていたらまともに1時間はかかってしまう!

とにかく足を休められずに時間がかかっているから道中がとても長く感じます。一気に短い時間で走りきった方がここまで苦しくならないんでしょうけど、私にはそれを実現できるだけの足がない…

f:id:fighting_ferret:20171113101040j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113101056j:plain

しかしナビ画面ではゴールが見えてきた!

もう少し!

f:id:fighting_ferret:20171113101315j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113101334j:plain

 

あと2キロの表示!

f:id:fighting_ferret:20171113101357j:plain

また道が広くなるが、斜度はさほどでもないのにもうキツイ!

f:id:fighting_ferret:20171113101413j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113101432j:plain

むふぅううん。むふぅううん。

なんか自分でもよくわからない、あやしい吐息が口から漏れてきます。

エクスタシーすぎて頭の中がトリップしかけています。(笑)

f:id:fighting_ferret:20171113101451j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113101529j:plain

足が限界です。

道が広くなったので、道幅を使ってやや蛇行ぎみに走ります。しかしいつまでこの道は続くんだっ(><;)

f:id:fighting_ferret:20171113101631j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113101711j:plain

 

時速5キロ!

f:id:fighting_ferret:20171113101739j:plain

これ以上速度が落ちるとバランス崩して足をつく一歩手前です。
5キロだといっそ降りて早歩きで上った方が速いんじゃないか?(^^;)

f:id:fighting_ferret:20171113101810j:plain

 

ゴールは近い!
もう気力との闘い。諦めるな、自分を信じろ!自分を鼓舞。

f:id:fighting_ferret:20171113101839j:plain

建物が見えた!

f:id:fighting_ferret:20171113101919j:plain

 


13時、

ゴ~~~~〜〜〜〜〜~~ルっ!

(T-T)/~

No.10「宝達山頂 山の竜宮城」

f:id:fighting_ferret:20171113101943j:plain

これが竜宮城。

f:id:fighting_ferret:20171113103715j:plain

 

 

 

 

 

記録はっ!

 

 

 

 

 

ストラバはなぜかエラー表示で止まってる…(T-T)

 

 

 

 

マジか…orz

 

 

 

気を取り直して別の計測を確認。

体育館をスタートしてから、走っている時だけカウントされるサイコンのタイム表示ではゴールまでちょうど1時間かかりました。(1:39にスタート)

f:id:fighting_ferret:20171113102153j:plain

体育館から麓まで3〜4キロ程度あります。それが無駄な走行だったならば、その分だけ時間を削れますが、削れるのは10〜15分程度でしょうか?たかが知れている。

宝達山ヒルクライムレースのリザルト見ると速い人だと20分切るタイムでした。ゴイスーですね。 (--;) ざっくり距離を時間で割ると時速10km/h台後半のペースで走っている感じかな?。時速5km/hで走っていた私にはとても無理だ…orz

 

私にはもう普通に上るだけできつかった~
タイムどころか後半は失速しすぎて足つくかどうか瀬戸際の闘いになっていたwww

このコースでタイムを競うんだから大変だ。

 

ラストスタンプを獲ります。

f:id:fighting_ferret:20171113102618j:plain

パーフェクト!エクセレント!コンプリート!コングラッチュレーションズ!

f:id:fighting_ferret:20171113103231j:plain

 

いしかわ里山里海サイクリングルートスタンプラリー…

長かったけど、やっと終わった~、やり切った~。(T-T)/

2年ごしの制覇。去年は未達のまま病院送りでリタイアしたからな~

 

絶景を見ながらパーフェクト達成の余韻に浸ります。ここをフィナーレの舞台に選んで良かった…

f:id:fighting_ferret:20171113103306j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113103319j:plain

 

いや、絶景です。激重ですが画像劣化なしのパノラマ写真もつけておきます。

f:id:fighting_ferret:20171113103341j:plain

 

 

 

さあ、ゴールのセレモニーをやっておきますか…

皆さんもご一緒に~(笑)

 

 

 

 

 

成敗!(変態仮面風に)

f:id:fighting_ferret:20171113103443j:plain

 

 

このカメラの後ろに普通の観光客がいて、一人でポーズ取るのが恥ずかしかった…

 

 

 

ここがゴールではありますが、さらに宝達山山頂に向かう上り道が実はまだ続きます。

山頂には自衛隊のレーダー基地があります。

f:id:fighting_ferret:20171113104032j:plain

斜度は30%! こんな標識見たことねー!(^^;)

f:id:fighting_ferret:20171113104109j:plain

 


いや~こういうの見てしまうと…

 

 

f:id:fighting_ferret:20171113104155j:plain

 

 

試してみたくなるじゃないかっ!(笑)

f:id:fighting_ferret:20171113104216j:plain

 


うぉ~なんだこの坂はっ!?
油断するとフロントタイヤが浮き上がって後ろにひっくり返りそうです。

f:id:fighting_ferret:20171113104253j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113104331j:plain

シッティングではトルクが足りないので坂の上まで全力ダンシングで上る!

でも坂の距離が短かったから意外と苦じゃなかった。

f:id:fighting_ferret:20171113104353j:plain

 

今、東京スカイツリーと同じ高さにいるそうです。

f:id:fighting_ferret:20171113104431j:plain

f:id:fighting_ferret:20171129114147j:plain

スカイツリー#4 - 著作権フリー商用可!無料画像の写真素材♪ラブフリーフォト

 

自転車であのてっぺんまで上っていると思ったらすごい高さだな。

 

 

山頂に到達。

成敗!(暴れん坊将軍風に)

f:id:fighting_ferret:20171113104457j:plain


富山方面側を見ると彼方に雪景色の立山連峰が見えます。

f:id:fighting_ferret:20171113104543j:plain


山頂を下りてもう一度ゴール地点でまったり写真を撮ります。

f:id:fighting_ferret:20171113104622j:plain

f:id:fighting_ferret:20171113104635j:plain


せっかくここまで苦労して上ったから、もう簡単には下りたくない。(笑)

f:id:fighting_ferret:20171113104815j:plain



ゆっくり、この景色を眺めながら美味しいコーヒーでも飲みたい気分。

f:id:fighting_ferret:20171113104656j:plain

休みの日に 軽くww ここまで自転車で走って、気忙しい下界を見下ろしながら仕事で忙しい日常を忘れ、まったりと淹れたコーヒーを飲む っていうのも大人の趣味のあり様、大人の休日の過ごし方としてはカッコいいかもしれないですね。

f:id:fighting_ferret:20171113105216j:plain

 

 

 


しかし、そうも言ってられないので降ります。お腹が空きました。

鈴鹿前にケガは絶対にできないのでゆっくりゆっくりと降ります。落ち葉もあって路面が滑る可能性が高い。

f:id:fighting_ferret:20171113105253j:plain

上りは足をつきたくないので写真はほどほどにしていましたから(そうでもないか?)、帰りは何度も止まって写真を撮りました。ブレーキ握る握力がきつかったww

f:id:fighting_ferret:20171113105337j:plain

 

山を下りて振り返る。

f:id:fighting_ferret:20171113105400j:plain

山頂にアンテナが立っている。あそこまで上りました。酸欠にさせられた煙も中腹に見えます。(^^;)

 

15時、デポ地に帰ってきました。終わった~!

f:id:fighting_ferret:20171113105437j:plain

 

この道の駅は車中泊用の駐車場もあってコンセントが設備されているんですね。時代ですね。

f:id:fighting_ferret:20171113105517j:plain


一泊2000円だそうですが、なんかいろいろ制約もありキャンピングカーじゃないとメリットが少なそう?

RVパーク道の駅のと千里浜(石川県)の情報|くるま旅公式WEBサイト

ただ車で寝るだけなら必要ないよな。

 

 

昼飯を食べていないので、帰りは石川のソウルフード「8番ラーメン」に寄りました。地域チェーン店で北陸の各地に店があります。

f:id:fighting_ferret:20171113105601j:plain
いつか紹介しようと思っていたラーメン店ですがようやくです。

写真は醤油ラーメン。

f:id:fighting_ferret:20171113105620j:plain

流行りの背油多めのこってりスープではなく、コレうまいわっ!的な強烈な要素は全くないです。太麺とか具に炒めた野菜が使われているとか特徴はありますが、初めて食べて衝撃を受けるほどの魅力的な個性ではない。

でもこれが地味に美味しくて、なぜか食べ飽きずに何杯でもいけるんですよね。そこは会社もわかっているのかここのキャッチコピーが「なんでやろ8番」。
普段、多くの県外の人と仕事していますが、県外の人はあまり8番ラーメンに魅かれるものが感じられないようです。
まあその感覚も良くわかります。でも長く食べ続けているとはまってくると思うんですよね。金沢にもとんこつ系や魚介系の流行りの味のラーメン店が今では多く増えましたが、それでもこうしてたまに食べてます。

 

海に沈む夕日を見ながら帰ります。

f:id:fighting_ferret:20171113105842j:plain

 

さあ、次は今年の自転車シーズン最後を締めくくる鈴鹿です。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』