.   『広告』

#265 おたふく手袋 アンダーウェア(4)JW-540

#223 おたふく手袋 アンダーウェア購入 - アオゾラペダル。

#245 おたふく手袋 冬用アンダーウェア購入 - アオゾラペダル。

#264 おたふく手袋 アンダーウェア(3)JW-172 - アオゾラペダル。

 

 

前回に続き、おたふく手袋インナーウェアネタ第4弾!

今回は(前回と違い)今の時期にぴったりな一品です。

 

2018春夏用新商品が出た。

f:id:fighting_ferret:20180304000513j:plain

おたふく手袋株式会社

 

「夏、冬、無敵。」

 

夏も冬も行けるってか…?

 

冬用インナーとしてはJW170とJW172の2枚体制になり、雪国で自転車を乗る機会を考えればもう必要十分ではあるが、これはおたふくの本気を試してみないと。

f:id:fighting_ferret:20180304000612j:plain

 

 

シャツの価格はメーカー希望小売価格で3880円。タイツは同3500円今回は高級品です。(それでも安い笑)

  

 

サイズはやはりLLを買いました。前回同様ひと回り大きいサイズ。
上記リンクから同じ商品をご購入される方はサイズには気を付けてください。

JW172はLLでも気にならなかったが、今回のJW540はちょっと大きかったか。袖が長い。

f:id:fighting_ferret:20180304092515j:plain

 


自転車乗ってスポーツするぞ!ってときは少しキツい方が身体に緊張感を保てていいが、普段着では一日中締めつけられるのは無駄に疲れるのでゆるい方がいい。

でも今回は自転車用目的だったのでLの方が良かった。

夏も冬もいける!という売り文句が一番気になるポイントだが、JW170、172のような遠赤外線起毛で暖かさを確保して生地の目の粗さで発汗を逃がす仕様ではないです。

 

気温に反応して夏は涼しく冬は温かくなるらしい。何かすごいぞ!

f:id:fighting_ferret:20180304092758j:plain

説明書を読むとその仕組みは繊維の中にマイクロカプセルが入っていて、このカプセルの物質が温度に反応して暑い日は溶け(吸熱)、寒い日は固まり(放熱)、身体の表面温度を常に適温に調整するとの事。

機能的なすごい繊維だ。

 

ヒートテックのタイプは発汗した熱を逃がさず暖かみを出す仕組みなのでつまり汗をかく(身体を動かす)必要がある。対してこのJW540は寒いとカプセルの物質が固まって放熱するので動かなくても暖かいという事になる。

しかし透かしてみるとやっぱり薄い。夏はこれでいいが冬はちょっと心配にはなる。

f:id:fighting_ferret:20180304093003j:plain

f:id:fighting_ferret:20180304093016j:plain


袖を通してみる。

f:id:fighting_ferret:20180304092515j:plain

起毛ではないのでファーストコンタクトはヒンヤリ感があるが、それほど不快レベルの冷たさを感じない。
生地が薄いので風を受けるとスースー感があるが、慣れてくるとほんのりとじわじわ暖かみを感じてくる。悪くない。

インナーとして仕事で1日着てみたがこれは確かに暖かい。

 

 

汗をかいたときはどうだろう。

シャツ1枚だけのアウターとして着用しローラーに乗って瀑汗を流してみるが、残念ながらJW170、172同様に汗が身体にまとわりつく感じは残る。ローラーなので風は受けていない状態なので、汗の量に消化が追いつかない感じ。

しかしローラーを下りてシャワーを浴びるため風呂場まで歩いて風を通してみるとスっと一気に汗がひいていきました。裏地起毛じゃないので吸汗は良く、生地も乾きやすいタイプ。外で走る分には機能するだろう。
今は冬なのでその冷たい風で汗と一緒に熱を奪われて、その場は寒くなってしまいましたが夏も確かにいけそうだ。

 

夏に着てた時には冷感性ヒンヤリ感があるのかは後日検証が必要ですが、今のところは冬は汗をかきすぎない程度の運動なら暖かくていけるし夏も使えそうだ。
夏冬無敵と書かれてはいるが、夏冬よりむしろ寒暖差の激しい今の季節こそ気温の変化に柔軟に対応してくれるこのシャツは良さそう。

 

夏場の汗の量が気になる季節には吸汗速乾に特化したデュアルメッシュタイプのJW602の方が良さそう。こちらは夏専用になる。今度はこちらを試してみよう。

 


…いやいかんいかん…何のめりこんでるオレ!(--;)

ストレッチシャツ何枚もいらねぇ生活してるのに気軽に手を出しやすい価格だけに、気がつけば深く知れば知るほどおたふく沼にはまりかけてる…

 

メーカーの思う壺だ。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』