.   『広告』

#266 おはようサイクリング16(西コース)ゆるキャン△

2013年にロードバイクを始めて今年が6年目。同時にブログも始めたので同じく6年目。さらに遡れば自転車を始めるきっかけになったマウンテンバイクを買った年からは12年目になります。

この間ずっと自転車乗っていたわけではなく、当然ながら乗りまくっていた時期、全く乗らない時期と周期があります。
ブログを始めた事でこの5年間は雪や仕事忙しい時期以外はブログのためにひたすら自転車に乗り続けてきましたが、自転車に対するモチベーションが失せる周期が無かったわけではない。

 

 

 

 

春🌸になりました。

 

 

 

 

長い冬が終わってさあこれからというタイミングで…

 

 

 

 

今その周期に襲われてます。(|||-_-;)

 

ブログも書こうという気にならない。こういう時って経験上、無理に書いてもネガティブなつまんない事しか書けないんですよね。まあこの記事そのものがそうですよね。

注意はしていますが下手したら炎上しかねない地雷も踏みがちになります。

バイオリズムとか関係してるんですかね?

 

 


まあ、とりあえず今シーズンスタート。

原点回帰して、軽くおはようサイクリングを再開しよう。今日は西コース。

f:id:fighting_ferret:20180312084812j:plain

 

 

自転車で行ったコンビニもないような出先で(想定は能登半島)熱いコーヒーを飲もうと2年前にアウトドア用の鍋とコンロを買いましたが結局使ってないwww

#113 ナベとコンロ - アオゾラペダル。

 

Amazonビデオで今年から始まった?「ゆるキャン△」(流行ってるので知ってる方が多いと思いますが緩めのキャンプのマンガです。弱ペダ級のストロングなキラーコンテンツですね)というアニメを見て、これらのグッズを持っていた事を思い出し、ネタに海岸でコーヒーを飲んでみよう。

走るモチベーションが湧いてこないので無理やり「楽しみ」目的を作ります。

 

 

天気はいいけど寒いです。走れば暖まりますが。

f:id:fighting_ferret:20180312085623j:plain

 

雪が溶けたばかりの路肩はまだゴミや小石がいっぱい。でもいくらか状態はマシになってきた。ロードバイクでももう走れそう。

f:id:fighting_ferret:20180312085636j:plain

 

松並木道を抜けて海岸に出ます。

f:id:fighting_ferret:20180312085813j:plain

海岸沿いの道。ロードバイク走ってるね~

f:id:fighting_ferret:20180312085832j:plain

 


海岸到着。

f:id:fighting_ferret:20180312085927j:plain

f:id:fighting_ferret:20180312085944j:plain

 

持ってきた道具を広げ、さっそくお湯を沸かすがこれがなかなか沸かない。

f:id:fighting_ferret:20180312090001j:plain

 

海から冷たい北風が吹き吹きさすび、ガスの炎を吹き飛ばし鍋を冷やす(ーー;)

f:id:fighting_ferret:20180312090015j:plain


風上(海側)に移動し身体で風を遮り、それでもコップ1杯分のお湯を沸かすのに結局20分くらい費やす。

思いつきで出かけてきたのでコーヒーは家にあったインスタント瓶で、その他余計な荷物は持たないためブラック。

こうして改めて写真見てると"ままごと"みたいだな…(^^;)


寒くて待てなくなり沸騰までいかなかったけど熱くなったので諦める。

f:id:fighting_ferret:20180312090259j:plain


確かに外で飲むコーヒーは美味かった!

家で飲んでいる時とはなぜだか味も違う!(ように感じる)

f:id:fighting_ferret:20180312090247j:plain

 

 

 

でも寒い!(笑)

 

気がつけば曇ってきた。太陽がなくなり寒いはずだ。
早々に撤収!

f:id:fighting_ferret:20180312090504j:plain

 

コーヒー一杯のために荷物をいっぱい持って走り、コーヒー飲むだけならコンビニコーヒーでいいかな?と思わないでもないが、手間ひまをかけて不便を楽しむのがこういったイベントの楽しみ。

気がむけばまたやろう。(もう少し暖かくなったらw)

 

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』