.   『広告』

#284 グランフォンド富山2018(1)~アオゾラペダル~

f:id:fighting_ferret:20180528093245j:plain

「海抜ゼロメートルの富山湾から世界遺産・五箇山へ」 

グランフォンド富山2018 | 海抜ゼロメートルの富山湾から世界遺産・五箇山へ

 

 

5月27日(日)

いよいよグランフォンド富山2018当日です。

 

私にとって勝負の日。2時起床。眠いけどいつもよりは寝られたかな?

良い雰囲気のおぼろ月夜でしたが貧弱なコンデジではこんな写真しか撮れない。

f:id:fighting_ferret:20180528093829j:plain

3時前に出発して、4時にスタート会場である富山競輪場入り。すでに先客がいます。

f:id:fighting_ferret:20180528093843j:plain

 

準備をしてから会場の様子を確認してみると、会場入口ゲート前に順番待ちのスペースがありすでに自転車が並んでいる。

f:id:fighting_ferret:20180528093948j:plain

自分も自転車を並べるため車に取りに戻ろうとすると、そこに通りがかった青年に声をかけられて自転車を並べる場所(最後尾)を尋ねられた。

しかしその青年、

 

持っている自転車がママチャリ?しかも服装が普段着…

 

まさか、この恰好この自転車でグランフォンド富山ロングに挑戦するのか?(--;)
まあ、本人の自由だけど…
(この青年の変身した姿をあとから見る事になる)

 

 

順番待ちの列にリドレーを並べておく。そのために早く来たんだから。前にいる自転車の数を数えると60番目くらいだった。かなり前の位置をゲット。

f:id:fighting_ferret:20180528094021j:plain

 

 

当日受付を済ます。今回の記念品は携帯工具。

f:id:fighting_ferret:20180528095006j:plain

携帯工具はもっと良いのを持ってるからいらないし、そしてその携帯工具自体も実際に使った事はないんだよな。でもないと困るシーンは想像もつくから、これはビアンキさんにでも持たせておくか。

とりあえず今年もリュックじゃなくて良かった。過去出た2回はどちらも同じリュックで使ってないし…使ってないのに同じリュック3個目はいらん。(笑)

f:id:fighting_ferret:20180528114824j:plain

 

 

 

4時半すぎスタート会場が開場し、順番待ちをしていた自転車から入っていく。順番待ちの列は2列になり、自分の位置から膨れ上がった行列をおおざっぱに掛け算するとざっくり200台くらいは並んでいるか?

f:id:fighting_ferret:20180528095436j:plain

ロングコースは暗く長いトンネルが多いので前後ライトのチェックを入場時に受ける。ロングはリフレクターは不可(ミドル以下は可)。自灯式リアライト装備は必須項目になる。

 

 

 

 

スタートゲートが近い…(^^;)

素晴らしい。いつものほぼ最後尾スタートよりは30分は早く出られる。この貯金で、これでもう大長谷関門はクリアされたも同然じゃないか!?

f:id:fighting_ferret:20180528101545j:plain

 

 

スタート前にくるものは来た!(深くは説明はしない察してくれ)
天候は晴れ!

しかも気温もバッチリで今日は最高のサイクリング日和。

f:id:fighting_ferret:20180528101812j:plain

(Weathernews for Android)

 

恐いくらいに何も心残りがない。

私の気合の入ったイベント挑戦時はどうゆうわけか決まってネタの神様が降臨して不測のトラブルが何かしら発生する。
過去のイベントで、スタート時に何も問題のない場合は決まってパンクの神が下りてきたんだよな。そこだけは要注意だな。

f:id:fighting_ferret:20180528102030j:plain

 

今日の作戦は前半の平地エリアからとばしていく!去年から決めていた。

今までは山岳地帯に入るまで足を温存するために前半はゆるく走ってきたが、今日は山岳地帯に入る頃までにどれだけ足が削れてしまうのかはわからないが、山岳地帯に入ってしまうと時間短縮が難しくなるのでとにかく前半の平地地帯で時間を稼ぐ。

f:id:fighting_ferret:20180528102357j:plain



 

去年も撮らせていただいたがお願いして悪魔おじさんとねこバスさんと写真を撮らせてもらった。

f:id:fighting_ferret:20180528102132j:plain

悪魔おじさんのエンジョイ・サイクリンぐ~!

 

火影さんは何かのキャラクターの着ぐるみの人と喋っている。有名人なのかな?
写真撮っておけば良かった。(あとから庄川エイドでツーショット写真撮らせていただきました)

その人の自転車を見ると、先ほど順番待ちの自転車停める場所を聞いてきた彼の自転車だった。(あとで名前も聞いたがとりあえず今はと呼ぶ)

f:id:fighting_ferret:20180528102431j:plain





開会式のあと、6時15分スタート!

f:id:fighting_ferret:20180528102637j:plain

 

6時18分、私は第3グループでのスタートとなった。

f:id:fighting_ferret:20180528115244j:plain

グループにはさきほど火影さんと話ししていたがいる。(右端の緑の髪の人)ほぼ一緒なタイミングで順番待ちの自転車置いたから当然そうなるわな。

 

f:id:fighting_ferret:20180528102937j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528104258j:plain

 

走り出してから感じたが先日宝達山に上った時の疲れが若干まだ残っている。足が少し重い。が足はまわる。問題はない。去年、低体温症で意識もうろうとしながら時間かけて走った景色が実はこんなに近い場所だったのかと改めて思う。

f:id:fighting_ferret:20180528104318j:plain

 

今年もデンタクさんは安定の後方スタート(笑)。
デンタクさんの走りは速いので私が先行し追いつくのを待つスタイル。私のスタートからデンタクさんのスタートまでは30分くらいの差があるはず。
今日のこのアドバンテージなら第3エイドの利賀まではキープしたい。ゆっくり昼飯食いながらデンタクさんを待とう。

 

第3グループでスタートした集団のまま進む。

f:id:fighting_ferret:20180528104212j:plain

富山市内を抜けて仕掛けるのに良いエリアに入るが、ここまで集団は崩れず規律が維持されている。単独行動は目立つのでおとなしく集団に中で走る。
写真写り、彩りを考えると人目を引く奇抜な恰好をしているのすぐ後ろに付きたかったけど。

 

朝の風が冷たくて気持ちがいい。今日晴れて良かった。前走っている人と信号待ちでそんな話をした。

f:id:fighting_ferret:20180528103338j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528103627j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528103638j:plain

 

足の筋力を極力使わないために軽いギアでケイデンス高めに走ったが、早朝身体が起きていないのにいきなりエンジン全開で心拍数が高い。まあいいか。

f:id:fighting_ferret:20180528103445j:plain

 

 

いつもの新庄川橋は渡らずに、今日は庄川の東岸を走る。コースが少し変わった?

f:id:fighting_ferret:20180528103607j:plain

少し上流に行ってから庄川を渡る。何という橋なのかはわからない。

f:id:fighting_ferret:20180528103756j:plain

庄川の西岸は確かに危ない道なので、少しでも走らせないようにしようと言う配慮なのだろう。道路利用者からクレームでも入ったのかな?

f:id:fighting_ferret:20180528103820j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528104930j:plain

ここで、数人先の前を走っていたがチェーン脱落で集団から離脱した。
結局近づく機会もなく終わってしまった。もう接近するチャンスがあるのかどうか。
この参加人数、下手したら見かける事すらないかもしれない。残念。

 

規律を保っていた第3スタートの集団も崩れてきた。抜かしていく人もいる。庄川沿いは危ないので安全第一だが、仕掛けて集団を抜け出すなら河川沿いを抜けた辺りから。

f:id:fighting_ferret:20180528105004j:plain

ここで予定していた作戦通りに時間を稼ぐために集団を抜けて先を進むべきか迷うが先導スタッフはここまで非常に良いペースで走ってくれている。
後方スタートならすぐに抜かしにかかるが、今回は時間に余裕がある。ムリして無意味に足を削るよりは、やっぱりこのままこの集団の流れについていく事にしよう。

 

第1エイド(庄川水記念公園エイド)53km地点

f:id:fighting_ferret:20180528105311j:plain

8:29到着。奥にあるのは悪魔おじさんの自転車。

f:id:fighting_ferret:20180528105442j:plain

 

エイド食。

f:id:fighting_ferret:20180528105436j:plain

食事していたら気がつけば火影さんもエイド到着していて、またスタート時に喋っていたと話をしている。チェーンの脱落も大丈夫だったのか気になっていたので、輪に加わって挨拶して記念に写真を撮らせてもらう。

f:id:fighting_ferret:20180528110421j:plain

こんな格好してるけど気さくな人だ。(恰好は関係ない笑)

彼は「ぢろう」さんと言うらしい。ブログに載せていいか了解を取ったときにいろいろとあるらしく名前だけは間違えないようにと言われた。

https://twitter.com/diro

 

8:45庄川エイドスタート。

f:id:fighting_ferret:20180528105837j:plain

気になってエイドで去年のブログ確認したら、去年と比べて1時間も早い。去年はここからあと4分というところまで追い上げたから、1時間のアドバンテージと言うのはかなり気持ち的に楽。
逆に時間ギリギリを走るスリリング感が今年は味わえそうにない事はちょっとがっかり。あの時間は今思い出しても楽しかった。

f:id:fighting_ferret:20180528110429j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528110606j:plain

まあ、そうは言ってもここで無意味に時間を浪費しない。今回は絶対に大長谷関門を突破する事が私的にもこのブログ的にも至上命題。

f:id:fighting_ferret:20180528110446j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528110624j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528110533j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528110458j:plain

f:id:fighting_ferret:20180528110509j:plain

さあ、山岳ステージ!

 

 

 

~PS~

ぢろうさんのコスプレが何のキャラクターなのか勉強不足で全くわかりませんでしたが(スミマセン)その方面に詳しい人に聞いたら「トゥハート」というアニメのキャラクターだそうです。お詫びに紹介しておきます。

(Amazon)

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村


『広告』